Rakuten infoseek

辞書

九九【クク】

デジタル大辞泉

く‐く【九九】
1から9までの数を互いに掛け合わせた数の一覧表。また、その唱え方。「一一(いんいち)が一」から「九九(くく)、八一」まで。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くく【九九】
1から9までの自然数間の乗法の表,または,それを暗唱するときの言い方。もっと広く,演算法の簡易記憶法を指すこともあり,掛算の九九のほかに割算開平,開立の九九もある。九九の語の起りは,古代中国での掛算の九九は九九八十一から始まっていたことによる。中国古代の暦法および数学の書《周髀算経》にすでに記載されていて,n×9(n=9,8,……,2)から始まり次がn×8(n=8,7,……,2)のようになり,最後が2×2という順で,全部で36句あった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くく【九九】
一から九までの掛け算の八一とおりを暗唱できるように表にしたもの。また、その唱え方。掛け算のほかに割り算・開平・開立などの九九もある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

九九
くく
普通、乗法九九あるいは掛け算九九のことをいう。これは、1桁(けた)の整数(1から9まで)どうしの乗法の結果を、順序よく配列して、覚えやすくしたものである。1の段(「11―1」から「19―9」まで)、2の段、……、9の段まで、それぞれが9個ずつ、合計81個ある。この全体を総九九ということがある。この場合、たとえば、2の段をとると、「21―2」「22―4」「23―6」のように、被乗数は一定数2で、乗数が1ずつ増していき、結果が被乗数の2ずつ増える仕組みになっている。乗法では、交換法則が成り立つから、総九九のなかで、「23―6」と「32―6」は結果は同一で一方は省いてもよいと考えられる。そうすると、総九九のうち、被乗数が乗数以下のものだけに限ることができる。1の段は9個、2の段は「22―4」から「29―18」まで8個、3の段は「33―9」からの7個……と9の段の「99―81」だけの合計45個にしたものを、制限九九または半九九という。明治期から大正期までは、小学校算術では制限九九を教えたが、昭和期に入って、総九九を教えるようになっている。乗法九九は1桁の数の乗法結果をただちに知るのに使われるだけでなく、桁数の多い乗法の計算にも使われ、また、
  24÷6=4, 27÷4=6余り3
のような除法の計算をするのにも用いられる。つまり、乗除の計算の基礎となっている。
 九九には、乗法九九のほか、割り算九九もあり、広く使われていたことがある。これは、珠算で除法を行うとき便利な仕組みになっているもので、和算で利用された。さらに、第二次世界大戦後の一時期、加法九九を教えたことがある。これは、1桁の整数どうしの加法の結果を、乗法九九に倣って整理したものである。しかし今日このことばは使われない。[三輪辰郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

く‐く【九九】
〘名〙
① 九に九を掛けて算すること。九と九との積。すなわち八一。
※口遊(970)「雑事門〈略〉九々八十一」 〔戦国策‐東周策〕
② 一から九までの数どうしの積の表。また、掛算、割算など計算を便利にするために暗記する系統的なとなえ方。「一一が一」に始まり、「九九、八十一」に終わる。〔口遊(970)〕
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉九「その中に己の功名の路に蹶(つまづ)きしは、九々(〈注〉ソロバン)の数を知らざるに由れりと」 〔韓詩外伝‐三〕
③ 珠算で用いられていた割り算表。また、その暗誦法。一から九までの数どうしの割り算でえられる商と剰余の表で「二一添作の五」に始まり、「九進の一十(いんじゅう)」に終わる。九帰法(きゅうきほう)
※人情本・閑情末摘花(1839‐41)二「九々(クク)を忘れて叱らるるは、算盤の稽古と見えて」
[補注]「万葉集」に②を用字法にとりいれた例が見られる。「あしひきの木の間立ち八十一(くく)」〔一四九五〕、「かく二二(し)知らさむ」〔九〇七〕、「わかこもを 猟路の小野に 十六(しし)こそは いはひをろがめ」〔二三九〕など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

九九」の用語解説はコトバンクが提供しています。

九九の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.