Rakuten infoseek

辞書

乙羽信子【おとわのぶこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

乙羽信子
おとわのぶこ
[生]1924.10.1. 鳥取
[没]1994.12.22. 東京
映画女優。本名新藤信子。宝塚歌劇より 1950年大映に入社,『処女峰』でデビュー。百万ドルのえくぼで人気女優となったが,その後メロドラマのヒロイン役から演技派に転向,数々の問題作に出演している。おもな作品『原爆の子』 (1952) ,『裸の島』 (60) ,『わが道』 (74) ,『竹山ひとり旅』 (77) など。 79年,『絞殺』でベネチア国際映画祭最優秀女優賞を獲得した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

乙羽信子 おとわ-のぶこ
1924-1994 昭和-平成時代の女優。
大正13年10月1日生まれ。新藤兼人の妻。宝塚の娘役からスカウトされ,昭和25年大映の「処女峰」で映画デビュー,百万ドルのえくぼの清純派として売り出す。26年「愛妻物語」に主演,のち,近代映画協会にくわわり,「原爆の子」「裸の島」「絞殺」など新藤監督作品を中に活躍した。平成6年12月22日死去。70歳。鳥取県出身。宝塚音楽歌劇学校卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

乙羽信子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

乙羽信子の関連情報

関連キーワード

誘導尋問島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎公孫瓚誘導尋問

他サービスで検索

「乙羽信子」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.