Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

乗物【ノリモノ】

デジタル大辞泉

のり‐もの【乗(り)物】
人を乗せて移動するもの。汽車・電車・自動車・船・飛行機や、輿(こし)駕籠(かご)人力車などの総称
乗って遊ぶためのもの。ジェットコースターやゴーカートなど。「遊園地の乗り物
特に江戸時代、公卿門跡大名・医師などが用いた引き戸のある特製駕籠。乗り物駕籠。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

のりもの【乗物】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

のり‐もの【乗物】
〘名〙
① 人を乗せて運ぶ物。馬・車・駕籠(かご)・輿(こし)などの総称。
※蜻蛉(974頃)上「のりものなきほどに、はひわたるほどなれば」
② 特に江戸時代、公卿・門跡・高級武士、また儒者・医者・僧・婦女子など限られた町人が乗るのを許された、引き戸のある特製の駕籠(かご)。乗物駕籠。
※大坂城中壁書(1595)「乗物御免之衆、家康、利家、〈略〉長老、出世之衆」
※浮世草子・傾城色三味線(1701)京「乗(ノリ)物の内より東山の春を詠やり給ふべし」
③ 棺桶を運ぶ駕籠。
※浮世草子・日本永代蔵(1688)四「其まま乗物(ノリモノ)にをし込、野墓に送りける折ふし」
④ 駕籠をかつぐ者。かごかき。
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)口明「一、侍、一、百姓、一、乗物」
⑤ 乗って遊ぶためのもの。ジェットコースターやゴーカートなど。「遊園地の乗物」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乗物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

乗物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.