Rakuten infoseek

辞書

【キュウ】

デジタル大辞泉

きゅう【久】[漢字項目]
[音]キュウ(キウ)(漢) (呉) [訓]ひさしい
学習漢字]5年
〈キュウ〉時間が長い。ひさしい。「久闊(きゅうかつ)永久恒久持久耐久長久悠久
〈ク〉に同じ。「久遠(くおん)
[名のり]つね・なが・ひこ・ひさ・ひさし
[難読]永久(とこしえ・とこしなえ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひさ【久】
[形動ナリ]時を長く経るさま。長く続くさま。
「妹(いも)が袖別れて―になりぬれど一日(ひとひ)も妹を忘れて思へや」〈・三六〇四〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひさ【久】
( 形動ナリ )
ながく時を経るさま。いく久しいさま。 「 -に経てわが後の世をとへよ松跡忍ぶべき人もなき身ぞ/山家

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きゅう キウ【久】
〘名〙 (「きゅうすけ(久助)」の略) 江戸時代、新吉原の隠語で、あつかましい者、愚か者をいう。〔洒落本・取組手鑑(1793)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひさ【久】
〘形動〙 時間の長いこと。同じ状態が長く続くこと。
※万葉(8C後)一七・三九三四「なかなかに死なば安けむ君が目を見ず比佐(ヒサ)ならばすべなかるべし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひささ【久】
〘名〙 長い間。久しさ。→いくひささ
[補注]「ひさひさ」の変化したものか。また、「ひさし」のク活用接尾語「さ」の付いたものとする説もある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

久の関連情報

他サービスで検索

「久」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.