Rakuten infoseek

辞書

久米邦武【くめ くにたけ】

美術人名辞典

久米邦武
史学者。旧肥前佐賀藩士。佐賀生。邦郷の三男。通称は丈一郎。昌平黌に学び、佐賀藩政改革に参与、弘道館で教授した。維新後、新政府に仕え、岩具遣外使節に随行した。修史館修史局で編年史編纂に従事し、のち東大教授となり、重野安繹らとともに日本史研究に近代的歴史学の方法を移植することに努めた。我国の古文書学の基礎を築いた人である。文学博士。昭和6年(1931)歿、93才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

くめ‐くにたけ【久米邦武】
[1839~1931]歴史学者。佐賀の生まれ。岩倉具視に従って欧米を視察。古代史の科学的研究に努めた。論文「神道祭天古俗」が神道家から攻撃されて東大教授を辞職。著「米欧回覧実記」「古文書学講義」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

久米邦武 くめ-くにたけ
1839-1931 明治-昭和時代前期の日本史学者。
天保(てんぽう)10年7月11日生まれ。昌平黌(しょうへいこう)にまなび,岩倉具視(ともみ)の米欧視察に随行。帰国後「米欧回覧実記」を編集。明治21年帝国大学教授。論文「神道は祭天の古俗」が保守派の攻撃をうけて25年退官し,東京専門学校(現早大)にむかえられた。昭和6年2月24日死去。93歳。肥前佐賀出身。通称は丈一郎。号は易堂。著作に「古文書学講義」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

くめくにたけ【久米邦武】
1839‐1931(天保10‐昭和6)
明治・大正期の歴史学者。佐賀藩出身。久米邦郷と妻和嘉子の三男。幼名は泰次郎,のち丈一郎,丈市といい,号は易堂。1854年(安政1)藩校弘道館に入り,大隈八太郎(重信)と知り,終生の交友を保った。62年(文久2)江戸の昌平坂学問所の書生寮に入寮したが,1年後に退寮帰藩,藩主鍋島直正(閑叟)の近習となる。68年(明治1)弘道館教諭,翌年佐賀県権大属,71年大属。その年,権少外史となり岩倉使節団に参加,73年帰国後は太政官外史記録課長,大使事務局書類取調御用等を歴任して,78年少書記官。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

くめくにたけ【久米邦武】
1839~1931) 歴史学者。佐賀藩出身。岩倉遣外使節に従行して、「米欧回覧実記」を著す。東大教授。論文「神道は祭天の古俗」で筆禍を受け、辞職。著「古文書学講義」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

久米邦武
くめくにたけ
[生]天保10(1839).佐賀
[没]1931.2.24. 東京
明治,大正の歴史学者。昌平黌に学ぶ。明治2 (1869) 年神祇官大史兼太政官大弁となり,のち修史局に入り,国史編集に従事。 1881年東京大学教授となったが,論文『神道は祭天の古俗』が神道家の攻撃を受け,92年退官。以後早稲田大学で日本古代史,古文書学を講じる。著書『古文書学講義』『大日本時代史 (古代) 』『南朝時代史』 (1907) など。洋画家久米桂一郎は長男。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

久米邦武
くめくにたけ
(1839―1931)
明治・大正期の歴史学者。号は易堂(えきどう)。文学博士。天保(てんぽう)10年7月11日、佐賀藩士の子に生まれ、江戸の昌平坂(しょうへいざか)学問所に学ぶ。1871年(明治4)~73年、特命全権大使岩倉具視(いわくらともみ)の米欧視察に随行し、使節紀行纂輯(さんしゅう)専務心得を命ぜられ、『特命全権大使米欧回覧実記』全5冊(1878)を著した。ついで、修史館、臨時修史局で『大日本編年史』の編修に従事し、88年に帝国大学文科大学教授となった。『稿本国史眼』(重野安繹(しげのやすつぐ)らと共編)はその間の研究成果である。91年、論文「神道ハ祭天の古俗」を『史学会雑誌』第23~25号に発表した。これが翌年、田口卯吉(うきち)によって『史海』第8巻に転載されると、旧守的な神道家の反感を買い、ついに帝大教授非職となり、依願免官となった。以後、地方を遊歴し、地誌・史談の講演、郡誌などの校閲にあたった。99年、同郷の友大隈重信(おおくましげのぶ)の創立した東京専門学校(早稲田(わせだ)大学の前身)に講師として迎えられ、ついで教授となり、1921年(大正10)まで古文書研究・国史を担当した。昭和6年2月24日没。『古文書学講義』『上宮太子実録』『南北朝時代史』『裏日本』『国史八面観』その他多くの著書がある。[佐藤能丸]
『永原慶二・鹿野政直編著『日本の歴史家』(1976・日本評論社) ▽宮地正人著『天皇制の政治史的研究』(1981・校倉書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くめ‐くにたけ【久米邦武】
歴史学者。文博。佐賀藩出身。昌平黌(しょうへいこう)で修学。岩倉具視(ともみ)らの欧米視察に随行し「特命全権大使米欧回覧実記」を編纂。帝国大学文科大学教授となり、「国史眼」を編集したが、論文「神道は祭天の古俗」が筆禍にあい、辞職。古文書学をおこし、日本古代史の科学的研究を行なう。著に「古文書学講義」「上宮太子実録」など。天保一〇~昭和六年(一八三九‐一九三一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久米邦武」の用語解説はコトバンクが提供しています。

久米邦武の関連情報

他サービスで検索

「久米邦武」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.