Rakuten infoseek

辞書

乃公【ダイコウ】

デジタル大辞泉

だい‐こう【×乃公】
[代]一人称の人代名詞。男性が、目下の人に対して、または尊大に、自分をさしていう語。我が輩。ないこう。
「それでも筆者は断じて―ではないと言い張り」〈佐藤春夫晶子曼陀羅

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ない‐こう【×乃公】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ないこう【乃公】
ないは呉音
だいこう(乃公)に同じ。 -関せず焉えんと済まし込み/社会百面相 魯庵

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だい‐こう【乃公】
〘代名〙 (汝の君主の意から) 男子の自称。目上の男子が目下の者に向かって、あるいはみずからを尊大にいう。我が輩。
※中華若木詩抄(1520頃)下「江山から汝と云ことは詩人をさす也。高祖の臣下に向て、我がことを、乃公と云われたる心ぞ」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一五「天下の眠をさまさんもの乃公(ダイコウ)を除いてまた何処にかある」 〔史記‐留侯世家〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ない‐こう【乃公】
〘代名〙 (「ない」は「乃」の呉音) =だいこう(乃公)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乃公」の用語解説はコトバンクが提供しています。

乃公の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.