Rakuten infoseek

辞書

主語【しゅご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

主語
しゅご
subject
文の述語が表わす動作や状のにない手を示す部分の中心となる語。英語の Jack gives Jill flowers.では gives (与える) するのは Jackであるから,Jackがこの文の主語である。インド=ヨーロッパ語族に属する諸言語などでは,一般に主語の人称などで述語の中心になる定動詞の形が規定される (上の例文では Jack givesの gives) 。そのような言語では,主語は定動詞を規定するものとして文法的に定義される。の体系をもつ言語では,主語になっている名詞,代名詞の格を主格という。日本語では「~が」の形が主語とされるが,完全な文を形成するために必ずしも必要ではない点,文法的規定に欠ける点などで,インド=ヨーロッパ語族などにおける主語とは性格を異にするので,「~を」「~に」などと対等の連用修飾語であるとする説さえある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅ‐ご【主語】
文の成分の一。文において、述語の示す動作・作用・属性などの主体を表す部分。「鳥が鳴く」「山が高い」「彼は学生だ」という文で、「何が」に当たる部分をいう。日本語では、主語がなくても文として成立する。
論理学で、ある対象について何らかの主張をする判断(命題)において、主張がなされる当の対象。例えば、「犬は哺乳類である」における犬。主辞。⇔述語

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅご【主語】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅご【主語】
文の成分の一。文の中で、「何がどうする」「何がどんなだ」「何が何だ」における「何が」を示す文節をいう。「犬が走る」「空が青い」「花散る」における「犬が」「空が」「花」の類。主辞。 〔日本語においては、主語は必ずしも表現される必要がなく、文に現れないことも多い〕
〘論〙 判断・命題において、述語によって何事かが述べられる当の対象。また、それを示す語。主辞。
▽⇔ 述語

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

主語
しゅご
文法用語であるが、論理学でも用いられる。論理学上は、「AはBである」といった命題の「Aは」の部分をさす。すなわち、次に述べられる属性の主体にあたるものである。文法的にはかなり複雑な問題がある。たとえば、「主語」を文の述語の表す属性や動作の主体を表すものと定義するなら、どの言語にも「主語」という範疇(はんちゅう)が存在することになる(そのような主体を表す手段がない言語などは考えられない)が、それでは、個々の言語の文法の実態をなんら考慮しない考え方になってしまう。したがって、文の述語の表す属性や動作の主体を表す(文の)成分が、そうでない(文の)成分とは異なる文法上の扱いを受けている場合にそれを「主語」とよぶという立場をとらざるをえない。その場合に注意すべきは、問題の成分の有する見かけ上の特殊性が、それが属性や動作の主体を表しているということから完全に説明できるものならば、その見かけ上の特殊性は、その成分が他の成分とは異なる文法上の扱いを受けていることを示すことにはならないということである。たとえば、日本語に「主語」が存在するか否かを論じる場合、どのような述語にもその述語の表す属性や動作の主体を表すものを同一文中に共存させうるのに、たとえばその述語の表す動作の対象を表すものはかならずしもそうではないといったことは、まったく無関係なことである。なぜなら、このような見かけ上の特異性は、いかなる属性や動作も、その主体としての物質なしには存在しないということの直接的結果にすぎず、日本語がそうした主体を表す成分を文法的にどう扱っているかということとはまったく無関係な事柄だからである。おそらく、日本語については、そうした主体を表す成分が他の成文とは異なる文法的扱いを受けているといえる根拠はみいだしえない、したがって日本語は「主語」とよびうる範疇の存在しない言語ということになるであろう。たとえば、主体を表す成分の文中における位置も他の成分と異なるとはいえず、文中にあってもなくてもよいという点でも、他の(述語を除く)成分と同様である。
 これに対して、たとえば英語には、「主語」という範疇(それをどう名づけようと)の存在を認めざるをえない。なぜなら、述語の表す属性や動作の主体を表す成分は、平叙文や疑問文では原則として文中に存在せざるをえず、またその文中の位置も原則として決まっている。このような特殊性は、そうした成分が属性や動作の主体を表しているということからは説明しきれないものである。主体を表しているからといって、なぜ文中に不可欠なのか、なぜ文中における位置が決まっていなければならないのか、どうにも説明しきれない。したがって、この成分のこうした特殊性は、英語の文法がそれに他の成分とは異なる位置づけを与えていることによると考える以外になく、そこに一つの範疇が文法的に存在すると考える以外にない。つまり、英語には「主語」が存在するわけである。「主語」という範疇の存在を考えるべき言語はかなりあり、すべて同じ特殊性を示すことによってその存在が証明されるわけではないが、そうした成分が主体を表すということだけからは説明しきれない特殊性を示す。また、「主語」の存在する言語においても、「主語」の表しうる内容の範囲は言語によって当然かなり異なる。[湯川恭敏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅ‐ご【主語】
〘名〙 (subject の訳語)
① 形式論理学で、命題や判断によって肯定または否定される概念。たとえば、「SはPである」「SはQではない」の中のSが指示する概念。主位。主位概念。主概念。主辞
② 文の成分の一つ。述語の示す動作・作用の主体、性質・状態をもつ本体を表わす。日本語では、主語は常に述語に先行し、また、主語が明示されなくても文が成り立つ。連用修飾語の一区分と見る考えも有力である。主語は現代語では助詞「が」を伴うことが多いが、説によって、「が」を伴った「桜が」の形を主語と呼び、あるいは、「桜が」の「桜」だけを主語という。主辞。〔広日本文典(1897)〕
[補注](②について) 「話が好きだ」「水が飲みたい」などの「話」「水」を対象語と呼ぶ学説、また「彼は医者だ」「地球は動く」「酒は飲まない」など「は」を伴ったものを、「が」の主語と区別して題目語、提示語、提題語などと呼ぶ学説がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

主語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

主語の関連情報

他サービスで検索

「主語」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.