Rakuten infoseek

辞書

主観【しゅかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

主観
しゅかん
subject
客観に対する語。ギリシア語 hypokeimenonラテン語 subjectumに由来し,アリストテレスやスコラ哲学においては「根底にあるもの」「基体」の意味で用いられ,今日の「客体」に近いものであった。これが知識作用の主体,意識主観の意味において主観-客観の対立として把握されたのは近代以降,ことにカントにおいてである。彼は G.バークリーの主観的観念論に反対して,先験的観念論の立場から認識論的主観としての先験的主観を確立した。以後,主観-客観の思惟図式はドイツ観念論においてそれぞれの立場から独自の展開が示され,また新カント学派においてはカントの意味における主観が継承,発展せしめられた。しかし経験論,実証主義,プラグマティズムの立場では個人的主観,内的主観は否定され,主観は感覚要素の複合にすぎないとされる。主観と主体に該当する西欧語は subject (英) ,Subjekt (独) ,sujet (仏) という同一の言葉であるが,日本では通常,主観は認識論的用語として,主体は実践,行為との関連において区別して使用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅ‐かん〔‐クワン〕【主観】
subject
ラテン語のsubjectum(下に置かれたもの)に由来し、スコラ哲学以来、18世紀ごろまでは性質・状態・作用を担う基体を意味した。近世以後は認識し行為する人間存在の中心である自我をいう。特にカントでは、先験的意識としての主観が設定された。⇔客観。→主体
その人ひとりのものの見方。「できるだけ主観を排して評価する」⇔客観

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅかん【主観】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅかん【主観】
対象について認識・行為・評価などを行う意識のはたらき、またそのはたらきをなす者。通例、個別的な心理学的自我と同一視されるが、カントの認識論では個別的内容を超えた超個人的な形式としての主観(超越論的主観)を考え、これが客観的認識を可能にするとする。 → 主体
自分ひとりだけの考え。 「 -だけで言うのは困る」 「それは君の-だ」
▽⇔ 客観 〔西周にしあまね訳「心理学」(1878年)に英語 subject の訳語として載る〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

主観
しゅかん
subject
客観の対(つい)概念。認識においては知の主観であり、実践においては行為の主体を意味する。ギリシア語ヒポケイメノンhypokeimenon(下に横たわっているもの)、ラテン語スブイェクトゥムsubjectum(下に投げられたもの)に由来する。それゆえ主観はもともと「根底にあるもの」であり、属性に対しては基体、述語に対しては主語を意味する。基体、主語は「属性、述語を根底にあって担うもの」だからである。客観の対概念としての主観は近世哲学において登場した。世界が客観として主観に対するものとして把握され、主観が客観を担うヒポケイメノン=基体となった。この主観は、世界(客観)の一部分として了解された心理学的主観とは区別されねばならない。この意味での主観は決定的な仕方で、デカルトにおいて「思惟(しい)するもの」として登場した。確かに思惟するものは思惟という属性を担う基体=実体であり、その限り延長という属性を担う物体(延長実体)と並ぶ実体にすぎない。しかし思惟するものはあらゆる物体から純化された主観であり、延長する物体は明証的に知られる限りにおいて客観として存在するとされる。それゆえ事柄としては、ここに「主観―客観」関係の成立をみることができる。カントにおいて、基体・主語から主観への決定的な意味転換がなされる。それ自身はもはや述語ではない主語としての無制約者が、いっさいの客観を自己のうちに包括する「我思惟す」の主観となる。この主観は、超越論的主観として、世界のうちにある経験的主観とは区別される。そして、この主観を実体化することははっきり否定される。
 カント以後「主観―客観」関係は近世哲学をその根本から規定するのである。ドイツ観念論はこの関係を認識論の次元から存在論の次元へと発展させた。そしてヘーゲルにおいて主観概念は実体の対概念として新たな意味を獲得する。絶対者は主観(主体)であり、主観はもはや認識論的主観ではなく、形而上(けいじじょう)学的主体となる。しかしこの主観はけっしてヒポケイメノン=基体ではなく、自己運動し、自己顕現する主体である。フッサールにおいて超越論的主観性は世界を構成するとともに、その世界のうちで人間として自己客観化する。フッサール現象学は超越論的主観性の世界構成と自己構成との具体的分析なのである。この分析のうちで間(かん)主観性も主題となる。前期のウィットゲンシュタインにとって、哲学的自我は世界のうちにある心理学的主観ではなく、世界の限界としての形而上学的主観である。
 ともかく主観概念が近世哲学の根本的枠組みを規定しているということができる。現在、近世哲学がその根底から問い直されているとすれば、ヒポケイメノンとしての主観に対する批判、「主観―客観」関係にかわるべき哲学の根本的枠組みをみいだそうとする試みがなされていることは当然であろう。[細川亮一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅ‐かん ‥クヮン【主観】
〘名〙 (subject の訳語)
① 体験、認識、行動などの対象に対して、体験し表象し思惟し認識し感動し意志する当のもの。主体。また、その意識。⇔客観。〔心理学(1878)〕
② 自分ひとりの考え方。⇔客観
※科学者と芸術家(1916)〈寺田寅彦〉「其或物は作家だけの主観に存するものでなくて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

主観」の用語解説はコトバンクが提供しています。

主観の関連情報

他サービスで検索

「主観」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.