Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

主殿寮【とのもりょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

主殿寮
とのもりょう
令制の官司宮内省に属し,殿庭の掃除,湯沐,薪油などのことを司った役所。頭,,大少属以下の役職があり,釜殿,湯屋があった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅでん‐りょう〔‐レウ〕【主殿寮】
とのもりょう(主殿寮)1
明治時代、宮内省の一局で、宮殿監守・警備のに当たった役所。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とのもり‐の‐つかさ【主殿寮/主殿司】
(主殿寮)「とのもりょう1」に同じ。
(主殿司)「とのもりづかさ1」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とのも‐りょう〔‐レウ〕【主殿寮】
律令制で、宮内省に属し、宮中清掃、灯燭(とうしょく)・薪炭など火に関すること、行幸時の乗り物、調度の帷帳などのことをつかさどった役所。とのもりのつかさ。とのもづかさ。とのもりりょう。しゅでんりょう。
しゅでんりょう(主殿寮)2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とのも‐の‐つかさ【主殿寮】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とのもり‐りょう〔‐レウ〕【主殿寮】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とのもりょう【主殿寮】
令制の宮内省所属の官司。職員は頭(長官),助(次官),允(判官),大属・少属(主典)各1人,殿部(とのもり)(伴部)40人等。天皇の行幸の際の乗物(輿(こし))や蓋(きぬがさ)等の管理と奉(ぐぶ),殿上の帷帳(とばり)の設営,天皇の湯殿への供奉,殿庭(内裏などの庭)の掃除,宮内の灯(油火)・燭(蠟火)・(庭火)の管理・設営,薪炭の調達をつかさどる。令制前から天皇の居所や行幸に供奉していた畿内の中小豪族を殿部として,唐の殿中省尚舎局,尚輦局などに模して組織化した官司で,掃部司(かにもりのつかさ),内掃部司,主水司(もいとりのつかさ)や後宮殿司,掃司や春宮坊の主殿署と近接した職掌をもつ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しゅでんりょう【主殿寮】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

とのもり‐りょう ‥レウ【主殿寮】
〘名〙 令制で宮内省に属し、輿・輦(たごし)などの行幸用具や宮中調度の帷帳に関すること、灯燭・薪炭・湯沐など火に関すること、および殿庭の清掃のことをつかさどった官司。頭・助・允・大少属の事務官と、実務にあたる殿部四〇人などの職員がいた。とのもりのつかさ。とのもりづかさ。とのもづかさ。とのものつかさ。とのもり。とのも。〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とのも‐りょう ‥レウ【主殿寮】
〘名〙
② 明治一九年(一八八六)二月、宮内省に置かれた一部局。宮殿の清掃・舗設・器具のことおよび宮門の管鑰(かんやく)・防火警戒のことをつかさどる。京都出張所は、京都御所などの管理にあたった。大正一〇年(一九二一)内匠寮に合併されたが、昭和二〇年(一九四五)再置、同二四年宮内庁管理部となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゅでん‐りょう ‥レウ【主殿寮】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

主殿寮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

主殿寮の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.