Rakuten infoseek

辞書

主任【しゅにん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

主任
しゅにん
学校組織を円滑に運営する目的で置かれた職制。学校における主は明治以来の伝統があり,文部省令で主任を定める以前から全国に普及していた。1971年,中央教育審議会答申で,学校の業務を組織的に実施できるよう,教務主任,学年主任,学科主任などの管理上,指導上の職制を設け,校務を分担する必要性を指摘した。これをうけて文部省は 1975年,主任の制度化をはかる「学校教育法施行規則の一部を改正する省令」を公布した。1981年の沖縄県を最後に,全国において主任制が実施された。主任の職務は,校長の監督を受け,当該部門の企画立案,連絡・調整および指導・助言を行なうこととされたが,(1) 監督権限をもたない,(2) 1年ごとに選任され「職」として設置されていない,(3) 系統だった研修による能力の育成が難しい,(4) 教育業務連絡指導手当(主任手当)は支給されるが,職責に見合った教育職員給料表のが置かれていない,など制度上の限界が指摘されている。日本教職員組合は,主任制が学校における管理運営体制の強化をはかり,学校運営のなかに命令体制を持ち込むとして当初から反対の立場をとった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゅ‐にん【主任】
その任務を中心になって行う人。また、その任務の担当者の中で上席の人。「数学科の主任」「警備主任

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅにん【主任】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅにん【主任】
ある任務にあたる者の中で中心となる者。また、その役職。 教務-
もっぱらその任務にあたる人。 -大臣

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅ‐にん【主任】
〘名〙 主としてその任にあたること。また、その人。任務の担当者中上席の者。
※暴夜物語(1875)〈永峰秀樹訳〉魔君商人の物語「剰さへ其縊手は自からの主任たり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

主任」の用語解説はコトバンクが提供しています。

主任の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.