Rakuten infoseek

辞書

主人公【シュジンコウ】

デジタル大辞泉

しゅじん‐こう【主人公】
事件や小説・劇などの中心人物。ヒーローまたはヒロイン。「悲劇の主人公
主人1」の敬称。
「どこか山国の人にも近い感じのする―が…迎えてくれる」〈藤村夜明け前

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゅじんこう【主人公 hero】
映画,演劇等をも含めた広義の文学作品のなかの中心人物。その存在様態は根本的には他の作中人物と変わらないが,全編に一貫して登場したり(ドン・キホーテ),ドラマの結節点となったり(ハムレット),みずから主題を具現したり(ボバリー夫人)して,作品の骨格を支える。環境との関係では,主人公が次々と異なる土地や社会や異性を遍歴するとピカレスクロマン(ラサリーリョ・デ・トルメス,世之介)となり,それらの環境が主人公の人格形成に寄与すると教養小説(ウィルヘルム・マイスター)となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゅじんこう【主人公】
小説・劇・事件などの中心人物。 「女-」
主人を敬っていう語。 「折よく-の出入に出会でつくわして其顔を瞥見する時は/思出の記 蘆花

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゅじん‐こう【主人公】
〘名〙
① 主人を敬っていう語。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)一「不知者の上も主人公、知者の上も主人公ぞ」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「今日の主人公(シュジンコウ)と定め、翠簾(みす)を垂て彼処(かしこ)にあり」 〔韓愈‐詠燈花同侯十一詩〕
② 人の心を動かす中心となるもの。また、人の心。
※藤樹文集(1648頃)一「方寸之中、此主人公不在、則満腔子為狐狸妖魔之窠窟
③ 事件または小説、戯曲、映画などの中心人物。ヒーローまたはヒロイン。
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「要するに其演劇(そのしばゐ)の本尊すなはち主人公(シュジンコウ)(=比イロウ)が其結局(そのおほづめ)の齣(まく)にいたりて」
④ 仏語。自己本来の面目。本来の自己の有様。
※談義本・成仙玉一口玄談(1785)五「無位の真人、主人公(シュジンコウ)なんどと、其宗旨其宗旨にて名はかはれども」 〔無門関〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

主人公」の用語解説はコトバンクが提供しています。

主人公の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.