Rakuten infoseek

辞書

丹波立杭焼【たんばたちくいやき】

事典 日本の地域ブランド・名産品

丹波立杭焼[陶磁]
たんばたちくいやき
近畿地方、兵庫県地域ブランド
篠山市・三田市で製作されている。始まりは平安時代末期といわれ、日本六古窯の一つ。当初は、壺やが主製品だった。江戸時代に小堀遠州らの指導を受け、優れた茶器を生み出すようになった。立杭独特の足で回転させる蹴ろくろとともに伝統技術が継承されている。1978(昭和53)年2月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丹波立杭焼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丹波立杭焼の関連情報

他サービスで検索

「丹波立杭焼」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.