Rakuten infoseek

辞書

丹波・篠山の山の芋【たんば・ささやまやまのいも】

事典 日本の地域ブランド・名産品

丹波・篠山の山の芋[根菜・土物類]
たんば・ささやまやまのいも
近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
主に丹波市篠山市で生産されている。山の芋栽培の起源は、諸説あり判然としないが、古くから自家用として栽培されていた。江戸時代には、篠山藩主に献上したと伝えられている。昼夜の気温差が大きい盆地特有の自然条件や肥沃な土壌が山の芋栽培に適する。原種は残っていない。こぶだらけの形を選抜・改良して今日のかたちに仕上がった。長いもと比較すると粘り気が強い。ひょうごの伝統野菜。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丹波・篠山の山の芋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丹波・篠山の山の芋の関連情報

他サービスで検索

「丹波・篠山の山の芋」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.