Rakuten infoseek

辞書

丸腰【マルゴシ】

デジタル大辞泉

まる‐ごし【丸腰】
武士などがに刀を差していないこと。無刀でいること。転じて、武器を全く持たないこと。むごし。「丸腰で相手に立ち向かう」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

まるごし【丸腰】
武士・軍人などが刀剣を帯びていないこと。転じて、武器を持っていないこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まる‐ごし【丸腰】
〘名〙
武士などが、腰に刀を差さないでいること。無刀であること。無腰
※玉塵抄(1563)一七「まるこしではいかれぬほどにかえりによってださうと思てさきへ行たぞ」
② 武器を持っていないこと。軍備が全くないこと。
※帰郷(1948)〈大仏次郎〉異邦人「銃も剣も彼らは持ってゐなかった。腰で、苦力のやうに荷物だけを側に置いてゐた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

丸腰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

丸腰の関連情報

他サービスで検索

「丸腰」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.