Rakuten infoseek

辞書

中部【チュウブ】

デジタル大辞泉

ちゅう‐ぶ【中部】
中央にあたる部分。なかほどの部分。「関東地方の中部
中部地方」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

中部
正式社名「株式会社中部」。英文社名「Chubu Engineering Corporation」。建設業。昭和38年(1963)「中部瓦斯株式会社」の出資により「中部設備工業株式会社」設立。同39年(1964)現在の社名に変更。本社は愛知県豊橋市神野新田町字トノ割。サーラコーポレーション子会社の設備工事会社。空調・給排水衛生・ガス設備工事、上下水道管・舗装土木工事などを行う。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちゅうぶ【中部】
中央に位置する部分。
◇ 中部地方に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅう‐ぶ【中部】
[1] 〘名〙
① 中央に位置する部分。中央部。中心部。
※乾坤弁説(1656)亨「夫雪と云は、〈略〉中部の風中に留滞する」 〔後漢書‐鮮卑伝〕
② 三部または三巻から成る書物などの第二部または第二巻。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中部」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中部の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.