Rakuten infoseek

辞書

中興鑑言【ちゅうこうかんげん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中興鑑言
ちゅうこうかんげん
江戸時代中期の朱子学派の儒学者三宅観瀾主著。論勢,論義,論徳の3編より成る。天明4 (1784) 年刊。建武中興における後醍醐天皇の事跡を論じ,その得失を批判したもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中興鑑言」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中興鑑言の関連情報

他サービスで検索

「中興鑑言」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.