Rakuten infoseek

辞書

中絶【チュウゼツ】

デジタル大辞泉

ちゅう‐ぜつ【中絶】
[名](スル)
進行中の物事がとぎれること。また、中途でやめること。「交渉が中絶する」「作業を中絶する」
人工妊娠中絶のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちゅうぜつ【中絶】
スル
途中で打ち切って、やめること。また、途中で絶えること。 音信が-する 仕事が-する
「人工妊娠中絶」のこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅう‐ぜつ【中絶】
〘名〙
① 中途で絶えること。中程でなくなってしまうこと。
※兵範記‐保元三年(1158)正月二二日「被行内宴、長元以後中絶云々」
※評判記・色道大鏡(1678)六「断髪の事、遊女宮木よりはじまりけん。されども中絶しぬるにや、六条の時代には、さまで女郎の髪切事をきかず」 〔戦国策‐趙策・孝成王〕
② 中途でやめてしまうこと。また、中断すること。
※庭訓往来(1394‐1428頃)「渡唐舟依中絶、薬種高直之間」 〔書経‐高宗肜日〕
③ 人との関係や交際が中途で切れること。不仲になること。
※咄本・醒睡笑(1628)二「久しくまじはりて中絶す」
④ 妊娠中絶をいう。
※巴里に死す(1942)〈芹沢光治良〉三「妊娠を中絶した方がよからうといふ意見なんだよ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なか‐だえ【中絶】
〘名〙 (「なかたえ」とも) 交際が絶えること。また、物事が中途で絶えること。
※紫式部日記(1010頃か)寛弘五年秋「年ごろ里居したる人々のなかたえを思ひおこしつつ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中絶」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中絶の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.