Rakuten infoseek

辞書

中納言【ちゅうなごん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中納言
ちゅうなごん
律令制時代の令外官 (りょうげのかん) の一つで『大宝律令』制定後,増置された職事官。慶雲2 (705) 年大納言 4人を2人とし,中納言3人をおいた。令制太政官の大納言の下に位置し,職掌は大納言と同じで,天下の政事にあずかったが,大臣不在のときその職務を代行することはできない。人数も次第に増し,一時は8人と定められたが一定しなかった。『大宝律令』以前にも設置されたことがあり,『日本書紀持統天皇6年の条に初見する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゅう‐なごん【中納言】
律令制で、太政官(だいじょうかん)次官(すけ)令外(りょうげ)の官。大納言に次ぐもので、職掌は大納言とほぼ同じ。従三位相当。正と権(ごん)とがある。なかのものもうすつかさ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なか‐の‐ものもうすつかさ〔‐ものまうすつかさ〕【中言】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

中納言
株式会社中納言が展開する和食店のチェーン

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうなごん【中納言】
令制の太政官の官職名。大臣,大納言に次ぐ身分で,大納言らとともに朝政に参与し,律令国家の政務運営に当たった。制度の初見は天武朝の官制のときで,大宝令ではいったん廃されたが,705年(慶雲2)令外の官として定員3名が置かれ,明治維新まで存続した。員数は時代によって増減があり,権官も随時置かれた。正四位上相当官とされ,食封200戸,資人30人が給されたが,761年(天平宝字5)従三位相当官とされた。【山本 信吉

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちゅうなごん【中納言】
太政官職の一。令外りようげの官。職掌は大納言とほぼ同様で、天皇に近侍し、奏上・宣下をつかさどったが、大納言のように大臣の職務を代行することはできなかった。従三位相当。なかのものもうすつかさ。すけのものもうすつかさ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

中納言
ちゅうなごん
令外官(りょうげのかん)の一つ。和名では「なかのものもうすつかさ」と読み、唐名では黄門(こうもん)、門下侍郎(もんかじろう)にあてる。『日本書紀』によれば、692年(持統天皇6)に中納言三輪高市麻呂(みわのたけちまろ)の名がみえ、すでに浄御原(きよみはら)令制下に置かれていたことが知れるが、701年(大宝1)の大宝(たいほう)令施行当日この官を廃止した。705年(慶雲2)大納言2人を減じ、かわりに中納言粟田真人(あわたのまひと)、高向麻呂(たかむくのまろ)、阿倍宿奈麻呂(あべのすくなまろ)の3人を任じた。その職務は大納言に近く、政務の奏上、勅命の宣下に従事し、朝議にも参与した。また令外官のため相当位はなかったが、このとき正四位上とし、別に封200戸、資人(しじん)30人を支給され、761年(天平宝字5)には従三位(じゅさんみ)相当となった。[渡辺直彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すけ‐の‐ものもうすつかさ ‥ものまうすつかさ【中納言】
〘名〙 令外(りょうげ)の官。大納言につぐ。大臣と政事を議し、献替(けんたい)の任にあたる重職で、相当位は従三位。天武朝の納言が飛鳥浄御原令(あすかきよみはらりょう)で大・中・小に分かれ、大宝令で中納言は廃止。慶雲二年(七〇五)に復活した。ちゅうなごん。
※書紀(720)持統六年二月(北野本南北朝訓)「是の日中納言(スケノモノマウスツカサ)直大弐三輪の朝臣高市麻呂(たかいちまろ)、表を上りて敢(たた)に直言(まう)して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅう‐なごん【中納言】
〘名〙 太政官の次官。令外の官で、大納言に次ぐもの。正と権とがある。職掌は大納言とほぼ同じで、奏上、宣下のことをつかさどり、政務にあずかった。持統天皇のとき初めて設けられ、大宝令制で廃止されたが、慶雲二年(七〇五)には大納言二人を減員した代わりに三名を置いた。相当位ははじめ正四位上、のち従三位。すけのものもうすつかさ。なかのものもうすつかさ。〔続日本紀‐大宝元年(701)三月甲午〕
※伊勢物語(10C前)七九「兄の中納言行平のむすめの腹なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なか‐の‐ものもうすつかさ ‥ものまうすつかさ【中納言】
〘名〙 太政官の官人で、大納言の下位。令外の官で慶雲二年(七〇五)大納言二人を減らして中納言三人を置いた。のち、八人と定まった。従三位相当官。ちゅうなごん。〔二十巻本和名抄(934頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中納言」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中納言の関連情報

他サービスで検索

「中納言」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.