Rakuten infoseek

辞書

中程【ナカホド】

デジタル大辞泉

なか‐ほど【中程】
ある期間・時期のまんなかのあたり。なかごろ。なかば。「来月の中程までには参ります」「宴会の中程で呼び出される」
物の位置や距離のまん中のあたり。「車両の中程までお詰めください」
程度の中くらい。「クラスで中程成績

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

なかほど【中程】
(ある時間・期間の)なかごろ。中途。なかば。 「試合の-で雨が降り出す」
(ある場所の)真ん中の方。中央。 「もっと-へお詰め下さい」
中くらいの程度。 「成績はクラスの-だ」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なか‐ほど【中程】
〘名〙
① ある期間・時期のまんなかのあたり。なかごろ。
※愚管抄(1220)七「この中ほどは、きみの君にて昔のごとくえあるまじければ」
※浮世草子・好色一代男(1682)六「初の程はおもしろく、中程(ナカホド)はおかしく、後は気毒かさなり」
② 物や、ある限られた場所のまんなかのあたり。
※今川大双紙(15C前)弓法之次第之事「我よりも下の者に弓を渡す次第、右の手に而中程をとり、左の手にてはより少下にそへ取也」
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉一一「此島は当時英吉利領にして地中海の中程(ナカホド)にあり」
③ 中くらいの程度。「クラス五〇人中のなかほどの成績」
※史記抄(1477)一六「温舒が中慰の部中に在る中ほとなる猾吏より以下の者は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中程」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中程の関連情報

他サービスで検索

「中程」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.