Rakuten infoseek

辞書

中海【なかうみ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中海
なかうみ
島根県北東部の島根半島と,鳥取県北西部の弓ヶ浜に囲まれた潟湖(→)。「なかのうみ」ともいう。境水道で日本海と,大橋川宍道湖と結ばれる。海水と淡水の入り混じる汽水湖である。宍道地溝帯の東部を占め,周囲 105km,面積 86.2km2,最大水深 8.4m。中央に大根島江島などがあり,沿岸に松江(馬潟),安来米子などの港がある。かつてはエビ,ウナギ,ボラ,クロダイなどの漁獲があったが今日ではほとんどない。1968年から埋め立てが始められ,干拓とともに淡水化事業が計画されたが,湖の汚染が問題となり,2000年に干拓,2002年には淡水化の中止が決定した。2005年ラムサール条約に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゅう‐かい【中海】
四方を陸地で囲まれている海。内海(ないかい)。なかうみ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なか‐うみ【中海】
島根県北東部、島根半島と鳥取県の弓ヶ浜に囲まれる潟湖(せきこ)。西は大橋川で宍道(しんじ)湖に、東は中江瀬戸で美保湾に通じる。平成17年(2005)ラムサール条約に登録された。なかのうみ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なか‐の‐うみ【中海】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なかうみ【中海】
島根県東部の潟湖。〈なかのうみ〉ともいう。島根半島の南にある宍道(しんじ)低地帯東部の凹所が,日野川の運び出す土砂により形成された砂嘴(さし)の弓ヶ浜(夜見ヶ浜)で外海と区切られてできた。周囲84km,面積98.5km2。富栄養の汽水湖で,平均水深5.4m,最大水深17.1m。島根県松江市,安来(やすぎ)市,東出雲町,美保関町と鳥取県米子市,境港(さかいみなと)市に囲まれ,湖のほぼ中央に大根(だいこん)島,江島の2島からなる島根八束町がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

なかのうみ【中海】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちゅうかい【中海】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかうみ【中海】
島根県北東部にある入り海。島根半島と鳥取県の弓ヶ浜に囲まれた潟湖せきこ。北東端の水道で美保湾へ通じる。1963年(昭和38)、国営干拓事業が開始されたが88年凍結。なかのうみ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかのうみ【中海】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔鳥取県(島根県・広島県)〕中海(ちゅうかい)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔鳥取県(島根県)〕中海(なかうみ)

鳥取・島根両県境にある潟湖(せきこ)。東側を弓ヶ(ゆみが)浜の砂州(さす)でさえぎられ、北東端で境(さかい)水道により美保(みほ)湾に通じる汽水湖。西岸から注ぐ大橋(おおはし)川で宍道(しんじ)湖とつながり、河川法上は斐伊(ひい)川水系に含まれる。大根(だいこん)島・江()島の2島が浮かぶ。面積86.8km2。「なかのうみ」「ちゅうかい」とも読む。淡水魚・海水魚がともに生息し、かつては「そりこ舟」による漁業が盛んだった。沿岸の鳥取県米子(よなご)市・島根県安来(やすぎ)市などには工業集積が進んでいたが、1966年(昭和41)に新たな工業誘致策として新産業都市区域に追加指定された。その一方で、農地拡大と農業用水・工業用水確保の目的で宍道湖・中海の淡水湖化、締め切り堤防による干拓化工事が進められたが、環境保護運動の高まりにより工事は1988年(昭和63)に中止された。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔鳥取県(島根県・広島県)〕中海(なかのうみ)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

中海
(鳥取県米子市・境港市松江市安来市・八束郡東出雲町)
日本の重要湿地500」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域遺産

中海
(鳥取県米子市;鳥取県境港市;島根県松江市;島根県安来市)
ラムサール条約湿地」指定の地域遺産。
大規模コハクチョウ・ホシハジロ・キンクロハジロ・スズガモ渡来地。国指定中海鳥獣保護区中海特別保護地区

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中海」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中海の関連情報

他サービスで検索

「中海」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.