Rakuten infoseek

辞書

中流【チュウリュウ】

デジタル大辞泉

ちゅう‐りゅう〔‐リウ〕【中流】
川の上流と下流の間の部分。
両岸から見て、川の中ほどの流れ。
生活程度や社会的地位が中程度であること。また、その階層。中流階級。「中流の家庭」「中流意識」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅう‐る【中流】
三流(さんる)の一。流罪の中程度のもの。信濃伊予などに流した。→遠流(おんる)近流(こんる)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちゅうりゅう【中流】
上流と下流との中間。
中位の程度。よくも悪くもない程度。
特に豊かでも貧しくもない生活程度の社会層。 「 -意識」 「 -家庭」 「 -の人が住んで恥づかしくない様に出来てゐる/三四郎 漱石

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅうる【中流】
律令制の三流さんるの一。中程度の重さの流罪。延喜式では、信濃や伊予などへの配流。 → 遠流おんる近流こんる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅう‐りゅう ‥リウ【中流】
〘名〙
① 川の流れのまんなか。川の中ほど。また、上流と下流の中間。ちゅうる。
※菅家文草(900頃)六・重陽侍宴、同賦菊有五美「中流採得甞看後、在々群官紫府仙」
※滑稽本・七偏人(1857‐63)二下「その拍子に船はゆらゆら中流(チウリウ)へゆらめき出れば」 〔史記‐呉起伝〕
② 社会的地位や生活程度が中等の階層。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉六「苟(いやしく)も自立の志ある者は〈略〉まづまづ中流(チウリウ)に置かまく思へり」
③ 中庸を得たもの。〔史記‐礼書〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅう‐る【中流】
〘名〙 (「る」は「流」の呉音)
① 令制で、罪の軽重によって流罪を三つに分けたうちの第二等で、遠流(おんる)より軽く、近流(こんる)より重い刑。信濃や伊予などへの流罪がこれにあたる。
※律(718)賊盗「凡謀叛者絞。已上道者。皆斬。〈略〉子中流」
※太平記(14C後)二二「中流(ル)に舟を失て、一瓢の浪に漂ふらんも、角やと覚へて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中流の関連情報

他サービスで検索

「中流」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.