Rakuten infoseek

辞書

中気【ちゅうき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中気
ちゅうき
中風」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちゅう‐き【中気】
《悪気に中(あた)る意》「中風(ちゅうふう)」に同じ。「中気病み」
冬至から次の冬至までを12等分した各区分点。二十四節気の偶数番目のもので、冬至大寒雨水春分穀雨小満夏至大暑処暑秋分霜降小雪がこれにあたる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうき【中気】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ちゅうき【中気】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちゅうき【中気】
[0] 脳卒中の通称。中風ちゆうふう
[1] 二十四節気のうち、第二、第四、第六、……、第二四番目という各月の後半にくる節気。すなわち、大寒・雨水・春分・穀雨・小満・夏至・大暑・処暑・秋分・霜降・小雪・冬至の称。中ともいう。 → 二十四節気

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

中気
ちゅうき
悪気(あくき)に中(あた)る意で、脳卒中の発作後にみられる片麻痺(へんまひ)(半身不随)をさす場合が多い。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅう‐き【中気】
〘名〙
※多聞院日記‐元亀二年(1571)一〇月一二日「及夜常如院中気絶入、雖然無殊儀云々」
※狂言記・針立雷(1700)「されば中気(チウキ)は、宿でござらば、薬を調合いたしませふずれ共」 〔証治準縄‐諸中門〕
陰暦各月の後半をいう。陰暦では各月を二分して二四節気を数えるが、その奇数番目を節と称するのに対して、偶数番目を中気と称する。雨水・春分・穀雨・小満・夏至・大暑・処暑・秋分・霜降・小雪・冬至・大寒がこれにあたる。〔名語記(1275)〕 〔後漢書‐律暦志下〕
③ 漢方で、脾胃の気。脾臓と胃の働き。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中気」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中気の関連情報

他サービスで検索

「中気」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.