Rakuten infoseek

辞書

中村正直【なかむら まさなお】

美術人名辞典

中村正直
啓蒙学者。東京生。幼名は釧太郎、のち敬輔、正直は、号を敬宇。昌平黌に学び、のち教授となる。渡英し、帰国後スマイルスの『セルフーヘルプ』を翻訳した『西国立志編』を出版。私塾同人社を設け、「三田聖人」福沢諭吉と並び、「江戸川の聖人」といわれた。明治24年(1891)歿、60才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

なかむら‐まさなお〔‐まさなほ〕【中村正直】
[1832~1891]幕末・明治の洋学者教育家。江戸の生まれ。東大教授。号、敬宇。昌平坂学問所に学び、英国留学後、明六社の設立に参加し、啓蒙思想の普及につとめた。訳著「西国立志編」「自由之理」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

中村正直 なかむら-まさなお
1832-1891 幕末-明治時代の教育者,啓蒙(けいもう)思想家。
天保(てんぽう)3年5月26日生まれ。昌平黌(しょうへいこう)でまなび,文久2年幕府儒官となる。明治4年S.スマイルズの「西国立志編」,5年J.S.ミルの「自由之理」を翻訳し,新思想を紹介した。14年東京大学教授,23年女子高等師範(現お茶の水女子大)校長。貴族院議員。明治24年6月7日死去。60歳。江戸出身。幼名は釧太郎。通称は敬輔。号は敬宇。
【格言など】読書は,徒(いたず)らに多きを貴ばざるなり(「漢学不可廃論」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

中村正直
1832〜1891(天保3年〜明治24年)【教育家】「天はみずから助くるものを助く」明治のベストセラー西国立志編を著わす。 幕末〜明治期の教育家。幕臣の子として江戸に生まれる。昌平黌(しょうへいこう)に学んで後教授、ついで幕府の儒官。幕府遣英留学生の監督として渡英。維新後「西国立志編」「自由之理(ことわり)」を訳出して刊行、特に「西国立志論」は、立身出世を目指す若者に大きな影響を与えた。1872年(明治5)大蔵省に出仕。翌年同人社を開塾し、また女子教育・盲唖教育にも尽力。明六社創立員・東京大学教授・元老院議官を歴任。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なかむらまさなお【中村正直】
1832‐91(天保3‐明治24)
明治前半期の啓蒙思想家・教育家,文学者。号は敬宇。江戸麻布に生まれ,昌平坂学問所に学び,その教授となり,1855年(安政2)ころより英学を学びはじめた。62年(文久2)異例の若さで儒官となり,66年(慶応2)幕府の英国留学生取締役を命ぜられイギリスに留学。68年(明治1)幕府瓦解により帰国し,静岡学問所の教授となった。翌年静岡北郊の大岩村の屋敷に私塾同人社を営んだ。そのころよりサミュエル・スマイルズの《Self Help》を訳しはじめ,71年《西国立志編》として刊行し,72年にはジョン・スチュアート・ミルの《On Liberty》を《自由之理》として訳刊した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なかむらまさなお【中村正直】
1832~1891) 教育家・啓蒙思想家。江戸の人。号は敬宇。昌平坂学問所に学び、のちイギリスに留学。私塾同人社を営み、また明六社の結成に参加。多くの訳書のうちスマイルズの「西国立志編」、ミルの「自由之理」は民権思想形成に大きな影響を与えた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中村正直
なかむらまさなお
[生]天保3(1832).5.26. 江戸
[没]1891.6.7. 東京
洋学者,明治初期の啓蒙思想家。通称敬輔,号は敬宇。昌平坂学問所で漢学を修め,かたわら桂川国興から蘭書を学んだ。安政2 (1855) 年学問所教授方出役,文久2 (1862) 年幕府儒者に列した。慶応2 (1866) 年幕府のイギリス留学生取締りとして渡欧。帰国後ジョン・スチュアート・ミルの『自由之理』,サミュエル・スマイルズの『西国立志編』を翻訳刊行して新思想を紹介,当時の青年を感奮させた。明治1 (1868) 年徳川慶喜に従って静岡に移り,静岡学問所教授。在職中アメリカ人宣教師 G.カクランにより受洗。明治5 (1872) 年新政府の召命に応じ上京,大蔵省翻訳御用。 1873年自邸に洋学塾「同人社」を開き,同年明六社の社員となった。 1875年岸田吟香津田仙らと「楽善会」を組織して東京築地に訓盲唖院を設立。新政府の教育政策にも協力し東京女子師範学校摂理 (1875) ,東京大学教授 (1881) ,女子高等師範学校長 (1890) などを歴任。晩年は元老院議官,貴族院議員。漢詩文集に『敬宇詩集』『敬宇文集』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

中村正直
なかむらまさなお
(1832―1891)
儒者、啓蒙(けいもう)思想家。江戸麻布丹波谷(あざぶたんばだに)(現、東京都港区六本木)に御家人(ごけにん)の子として生まれる。幼名は釧太郎(せんたろう)、長じて敬輔(けいすけ)と称し、敬宇(けいう)と号す。昌平黌(しょうへいこう)に学び朱子学を修めた。1866年(慶応2)イギリスに留学。ロンドンで、儒教道徳が完璧(かんぺき)に実現されているのをみて、その根底にあるキリスト教への関心を深めた。1868年(明治1)帰国し、静岡に移った。ここで、スマイルズの『セルフ・ヘルプ』の翻訳『西国立志編(さいごくりっしへん)』を出版して青年たちに多くの感化を与えた。1872年東京に移り、大蔵省翻訳局に出仕した。翌1873年、明六社(めいろくしゃ)の創立に参画し、また同人社を設立し教育にあたった。1874年キリスト教の洗礼を受けるが、明治10年代に入ると、儒教の復活を主唱するようになった。晩年に至るまで、女子教育や障害者教育に尽力した。東京大学教授、元老院議官、女子高等師範学校校長、貴族院議員などを歴任した。[渡辺和靖]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なかむら‐まさなお【中村正直】
洋学者、教育家。江戸の人。号敬宇。佐藤一斎に儒学を、桂川甫周に蘭学を学ぶ。昌平黌教授方、甲府徽典館学頭、東京帝大教授などを歴任。慶応二年(一八六六)英国に留学。西周、神田孝平らと「明六社」を組織し、文明開化と啓蒙思想の普及に努めた。訳著「西国立志編」「自由之理」など。天保三~明治二四年(一八三二‐九一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村正直」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中村正直の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.