Rakuten infoseek

辞書

中村哲【なかむら てつ】

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

中村哲 なかむら-てつ
1946- 昭和後期-平成時代の医師。
昭和21年9月15日生まれ。専門は神経内科学,神経病理学,ハンセン病学,熱帯病学。大牟田労災病院などに勤務後,昭和59年パキスタンのペシャワール・ミッション病院らい病棟担当医。平成6年ペシャワール会医療サービス病院院長,ペシャワール会現地代表。15年ペシャワール会医療サービス病院総院長。同年マグサイサイ賞医療とともに井戸掘削,灌漑用水路建設などの活動もおこなう。25年福岡アジア文化賞大賞,菊池寛賞。福岡県出身。九大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

中村哲 なかむら-あきら
1912-2003 昭和-平成時代の政治学者。
明治45年2月4日生まれ。台北帝大教授をへて昭和21年法大教授となり,43年総長。主権論,君主制,憲法学など幅ひろく展開し,憲法擁護の論陣をはった。44年日本政治学会理事長。58年社会党から参議院議員。平成15年8月10日死去。91歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「日本国憲法の構造」「柳田国男思想」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵mini

中村哲
医師。1946年9月15日、福岡県生まれ。九州大学医学部卒。日本での病院勤務を経て、84年に国際NGO「ペシャワール会」現地代表としてパキスタンに赴任し、パキスタン人やアフガン難民のハンセン病治療などに携わる。2000年にアフガニスタンで大干ばつが発生して以降は、井戸の掘削や灌漑用水路の建設にも尽力した。その功績により、03年にアジアのノーベル賞と称されるマグサイサイ賞を受賞。18年にアフガニスタン政府から勲章を授与され、19年10月には名誉市民権も与えられた。同年12月4日、現地で銃撃を受け死去。享年73。
(2019-12-10)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中村哲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中村哲の関連情報

関連キーワード

マキノ雅広キング・クリムゾンイタリア映画新日本文学生活保護戦争放棄トルンカホログラフィック・アートマンキウィッツミネリ(Vincente Minnelli)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.