Rakuten infoseek

辞書

中本【チュウボン】

デジタル大辞泉

ちゅう‐ぼん【中本】
《「ちゅうほん」とも》江戸時代書籍名称の一。美濃紙二つ切りを二つ折りにしたで、半紙本小本との中間の大きさのもの。また、こので版行された滑稽本人情本。中本物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうほん【中本】
書誌学用語。〈ちゅうぼん〉とも読み,中形本,美濃半切本ともいう。美濃判を縦二つ,横二つに折った寸法の本。若干の差異があるが縦18cm,横13cm程度の寸法。半紙本小本(こほん)との中間の寸法。近世後期の絵入り小説たる草双紙類は多くこの形態をとるが,そのなかでもとくに滑稽本,人情本の異称ともなる。【宗政 五十緒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちゅうぼん【中本】
ちゅうほんとも
和本の大きさの一。美濃判の半分、すなわち美濃紙四つ折りの大きさの本。半紙本と小本の中間の大きさ。中型本。
その判型から 滑稽本・人情本のこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅう‐ほん【中本】
〘名〙 (「ちゅうぼん」とも。大きさが読本(よみほん)などの半紙本と、洒落本などの小本との中間の大きさの本の意) 江戸時代、書籍の名称の一つ。美濃紙を四つ折りにした大きさの本。また、滑稽本・人情本などはこの大きさで刊行されたところから、滑稽本・人情本の異称としても用いられる。中本物。
※滑稽本・八笑人(1820‐49)四上「鯉丈が出した和合人といふ中本(チウホン)のやうに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中本」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中本の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.