Rakuten infoseek

辞書

中年【チュウドシ】

デジタル大辞泉

ちゅう‐どし【中年】
江戸時代、20歳ころから年季奉公に出ること。暖簾(のれん)分けなどを許されないことが多い。
「―三年の気詰まり」〈浮・新色五巻書・五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅう‐ねん【中年】
青年と老年との間の年ごろ。現代では、ふつう40歳代から50歳代にかけてをいう。「中年太り」「中年層」
中年者2」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちゅうねん【中年】
青年と老年の間の年頃。四〇歳前後から五〇歳代後半あたりまで。壮年。 「 -太り」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅう‐どし【中年】
〘名〙
② 江戸時代、二〇歳前後の頃から年季奉公をすること。商家では子飼(こがい)の奉公人と違い、暖簾(のれん)分けなどは許されないことが多い。
滑稽本・風姿紀文(1753)一「中(チウ)どし五年出入十年も夢の覚るは一時ながら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅう‐ねん【中年】
〘名〙
① 青年と老年との中間の年ごろ。現代では、ふつう四〇歳代から五〇歳代にかけてをいう。
※愚管抄(1220)四「親疎・遠近・老少中年・貴賤・上下」
※授業編(1783)二「余(われ)は〈略〉中年さまさまの世故ありて労心せし故にや四十を過てより年々に記憶うすくなり」 〔列子‐周穆王〕
③ 農作物の収穫が普通である年。平年。
※足利本論語抄(16C)学而第一「豊秊には三日、中年には二日、不熟の秊には一日可使也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なか‐どし【中年】
〘名〙
① お盆の節季。大年に対していう。
※雑俳・伊勢冠付(1772‐1817)文化一〇「取っても足らぬ・中(なカ)年に迄せつかれる」
② 江戸時代、年季奉公などの数え方で、足掛けの計算でなく正味の年数のこと。一年目と最後の年を数えない、その中間の年数。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第三三「しきせ計て中とし五年 後は又引上られて帳付に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中年」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中年の関連情報

他サービスで検索

「中年」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.