Rakuten infoseek

辞書

中山道【なかせんどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中山道
なかせんどう
江戸時代の五街道の一つ。正徳年間 (1711~16) 以前には中仙道とも書いた。江戸日本橋から板橋,大宮,高崎を経て,軽井沢,下諏訪馬籠 (まごめ) ,加納守山などを通って草津東海道に合流する。全 67宿,130里余 (約 520km) 。碓氷 (うすい) ,木曾福島,贄川 (にえかわ) の3ヵ所に関所がおかれ,贄川-馬籠は木曾路と呼ばれたが,『木曾路名所図会』は中山道全宿と江戸周辺の街道をも含めている。各宿の定置人馬は 50人 50頭であるが,木曾路 11宿は 25人 25頭とされた。参勤交代の大名は 30家と,東海道の裏街道的地位にあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なかせん‐どう〔‐ダウ〕【中山道/中仙道】
江戸時代の五街道の一。江戸の日本橋から高崎下諏訪木曽谷を経て近江(おうみ)の草津東海道と合し、京都に至る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なかせんどう【中山道】
江戸時代五街道の一つ。中仙道とも書いたが,幕府では1716年(享保1)に中山道と一定した。東海道に対して単に山道ともいう。木曾を通るので木曾路ともいう。江戸の北西の板橋宿を起宿として武蔵,上野,信濃,美濃を経,近江の守山宿を最後の宿として草津宿で東海道に合し,大津を経て京都に達する。板橋より守山まで67宿であるが,通常は草津,大津を加えて木曾街道六十九駅などという。途中に碓氷峠和田峠,鳥居峠などの難所があり,碓氷(横川),福島には関所が置かれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

国指定史跡ガイド

なかせんどう【中山道】

長野県小県(ちいさがた)郡長和町和田と木曽郡木曽町吾妻にある街道跡。江戸時代に設けられた五街道の一つで、本州中部の内陸を江戸から草津宿(現在の滋賀県)まで通じており、信州の和田宿から和田峠への道、野尻(のじり)宿から三留野(みどの)宿へいたる与川道(よがわみち)、妻籠(つまご)宿から馬籠(まごめ)峠への3区間が「歴史の道」として整備され、1987年(昭和62)に国の史跡に指定された。1600年(慶長5)の関ヶ原の戦いの翌年、江戸幕府は道路を整備し、街道各所に「宿駅」を置いた。中山道は、日本橋を起点に東海道と合流する草津宿まで67宿を置き、江戸から関東平野を抜け、碓氷(うすい)峠を越えて信州に入ると、長野県の中山道には25の宿場があり、ほとんどが山中を往来する道程だったが、東海道のような川留めを避けることができる利点から女性の旅人も多かった。そのため、中山道は将軍家に嫁ぐ姫宮たちの通行に利用され、なかでも幕末の公武合体策のために14代将軍・徳川家茂(いえもち)に嫁いだ和宮(かずのみや)の大行列は絵巻物のような豪華さだったと語り継がれている。現在は、歴史の道資料館かわちや(旧「旅籠河内屋」、長和町)や南木曽町博物館(旧脇本陣(わきほんじん)、南木曽町)などが復元整備されている。中山道は、さまざまな文学作品の舞台ともなり、馬籠出身の島崎藤村がみずからの故郷を舞台に歴史小説『夜明け前』を執筆した馬籠宿は、2005年(平成17)の合併によって岐阜県中津川市に編入されたが、旧本陣跡だった藤村記念館が残っている。和田宿へは、JR長野新幹線ほか上田駅から車で約1時間。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

中山道
なかせんどう
江戸時代における五街道の一つで、東海道に次ぐ江戸―京都間の重要な街道。東海道が本州の東海岸沿いの街道であるのに対し、中山道は中央部山脈の間を貫通する街道という意味でこの名称があり、前者を表街道とすれば、後者は裏街道にあたる。江戸前期には中仙道と書いたが、1716年(享保1)中山道に改めた。これはまた、木曽(きそ)11か宿を通過するので、木曽路・木曽街道などともよんだ。中山道はその始宿板橋(いたばし)(東京都板橋区)より守山(もりやま)宿(滋賀県草津(くさつ)市)まで67次、行程129里10町八間で、次の草津で東海道と合流するが、東海道の53次よりも宿次が多く、距離も六里余り長い。
 中山道の難所は碓氷(うすい)峠をはじめとして、和田、塩尻(しおじり)、鳥居(とりい)の三峠がこれに続き、木曽谷を通過したのち、馬籠(まごめ)峠を越えて平野部へと向かう。この間には幕府の重要な関所、碓氷・木曽福島の両関があり、通行人を厳しく検閲した。参勤交代の大名数は、東海道の146家に対して中山道は30家で、約5分の1程度であり、奥州道中の37家にも及ばない。これを反映して宿駅の常備人馬数も、東海道の100人・100疋(ぴき)に対し、中山道は50人・50疋(うち木曽11か宿ほか5~6か宿はその半分)にすぎず、また本陣数は一宿平均1.1軒、旅籠(はたご)屋数は27軒で、東海道の約半分である。とくに木曽11か宿などでは常備人馬の確保がむずかしく、2~3か宿の合体継立(つぎたて)が必要で、助郷(すけごう)人馬も山越えしたはるか遠方の村々から呼び集めねばならなかった。もっとも、交通量が東海道ほど過密でなく、休泊料も比較的安いこともあって旅行者に好まれ、京都の姫君の江戸輿(こし)入れの行列もこの道筋をとることが多かった。[丸山雍成]
『長野県文化財保護協会編『中山道信濃26宿』(1980・信濃毎日新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典・日本の観光資源

中山道
(長野県木曽郡南木曽町)
遊歩百選」指定の観光名所。

出典:日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中山道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中山道の関連情報

関連キーワード

代替執行災害用伝言ダイヤル災害用伝言サービス召喚大山崎町作為・不作為請求の執行タイフーン級潜水艦鑑定サモア諸島産業連関表

他サービスで検索

「中山道」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.