Rakuten infoseek

辞書

中央省庁【ちゅうおうしょうちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中央省庁
ちゅうおうしょうちょう
central ministries
内閣の下にある・省およびその外局である庁・委員会の総称。 2001年1月省庁再編によりそれまでの1府 22省庁から1府 12省庁となった。内閣府の長は内閣総理大臣各省の長は国務大臣である。省庁には,大臣副大臣政務官事務次官秘書官がおかれ,内局として大臣官房または長官官房,局,または室がおかれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

中央省庁
日本では憲法第65条に基づき、行政権は内閣に属すとされている。1960年以来、総理府と12の省を基本とする体制が作られてきたが、2001年1月に大きく再編成された。この中央省庁再編成によって、内閣のもとには内閣府と10の省が作られた。内閣府の長は内閣総理大臣であり、省の長は国務大臣である。内閣府並びに省には外局が設けられているが、内閣府の外局である国家公安委員会と防衛庁の長、内閣官房長官は、国務大臣。それ以外の、内閣府と省の外局である庁や委員会の長は、生涯職の公務員である。国務大臣を長とする府省庁には、国務大臣に加えて政治的任命職である副大臣と大臣政務官が置かれている。内部部局としては、大臣(長官)のもとに大臣官房、局が設けられ、さらにその下に課、室などが置かれる階統制構造になっている。
(新藤宗幸 千葉大学法経学部教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

ちゅうおう‐しょうちょう〔チユウアウシヤウチヤウ〕【中央省庁】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ちゅうおうしょうちょう【中央省庁】
国家の行政組織である内局と外局の総称。府・省・庁・委員会の総称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中央省庁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中央省庁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.