Rakuten infoseek

辞書

中国仏教【ちゅうごくぶっきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中国仏教
ちゅうごくぶっきょう
中国に仏教が伝来したのは,前哀帝の元寿1 (前2) 年を初伝とする説が有力であるが,異説も多い。しかし1世紀には仏教が中国に伝来していたことは確かである。初期の中国仏教は道教と一緒に信奉されたようである。思想的にも仏教の空の思想を老荘の無の思想で解釈しようとした。この老荘思想との結合は,後代までも中国仏教を形成する強い要素として働いている。中国仏教の展開を時代的に大別すると次のようになる。 (1) 紀元 400年頃まで 経典の翻訳や中国思想による理解の時期。 (2) 5世紀初めから6世紀末頃まで 鳩摩羅什の漢訳を契機とする仏教本来の研究の時期。 (3) 隋,唐代 中国人の理解と実践において仏教の本来性を実現した時期。三論,天台,華厳,法相,密教浄土などの宗派,法系が確立した。 (4) 唐末~中華民国 大蔵経が出版されるなど仏教思想の持続の時期で,民衆にも仏教思想が浸透していった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちゅうごくぶっきょう【中国仏教】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

中国仏教」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中国仏教の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.