Rakuten infoseek

辞書

中務【ナカツカサ】

デジタル大辞泉

なか‐つかさ【中務】
《「なかづかさ」とも》「中務卿」「中務省」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかつかさ【中務】[人名]
平安中期の女流歌人。三十六歌仙の一人。宇多天皇の皇子、中務卿敦慶(あつよし)親王の王女。母は歌人の伊勢家集に「中務集」がある。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

中務 なかつかさ
?-? 平安時代中期の女官,歌人。
中務卿敦慶(あつよし)親王の娘。母伊勢(いせ)とともに三十六歌仙のひとり。中務は女房名で,父の官職名から。藤原忠平・実頼(さねより)父子につかえ,永祚(えいそ)元年(989)以後に81歳以上で死去したといわれる。作品は「後撰和歌集」以下の勅撰集に69首おさめられている。屏風(びょうぶ)歌や源信明(さねあきら)との相聞歌が知られる。家集に「中務集」。
【格言など】下潜(したくぐ)る水に秋こそ通ふらし掬(むす)ぶ泉の手さへ涼しき(「新千載和歌集」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

なかつかさ【中務】
912?‐988?(延喜12?‐永延2?)
平安中期の女流歌人。三十六歌仙の一人。父は宇多天皇の皇子敦慶(あつよし)親王,母は古今集時代最高の女流歌人の伊勢。父が中務卿だったので,中務という女房名で呼ばれた。太政大臣藤原忠平や,その息で同じく太政大臣になった実頼の女房であった。母の伊勢に次いで当時最高の女流歌人と評価され,《後撰和歌集》以下の勅撰集に69首も入集したほか,家集に《中務集》があり,夫であった源信明(さねあきら)の家集《信明集》にも歌を残している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なかつかさ【中務】
〔「なかづかさ」とも〕
「中務省なかつかさしよう」または「中務卿なかつかさきよう」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかつかさ【中務】
平安中期の女流歌人。三十六歌仙の一人。宇多天皇の皇子中務卿敦慶あつよし親王の王女。母は伊勢。源信明さねあきらの妻。「後撰和歌集」以下の勅撰集に六九首入集。家集に「中務集」がある。生没年未詳。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

中務
なかつかさ
生没年不詳。平安中期の女流歌人。宇多(うだ)天皇の第四皇子敦慶(あつよし)親王と歌人伊勢(いせ)との間に生まれた。名称はおそらく中務卿(きょう)であった父の官名によるのであろうが、彼女の確かな宮仕えの記録がなく、それがどういう機会に与えられたものであるかは不明。源信明(さねあきら)、平かねき、藤原実頼(さねより)、元良(もとよし)親王など、彼女と関係のあった男性は多いが、そのなかで信明との間がもっとも長く、深かったようで、2人の間には多数の贈答歌が残されている。三十六歌仙の1人で、有名歌合(うたあわせ)にしばしば参加し、『後撰(ごせん)和歌集』以下の勅撰集に六十数首入集。家集に『中務集』がある。
 さやかにも見るべき月をわれはただ涙に曇る折りぞ多かる[久保木哲夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

なか‐つかさ【中務】
[1] 〘名〙 (中近世は「なかづかさ」)
※続日本紀‐天平勝宝五年(753)正月癸卯「天皇御中務南院、宴五位已上
② 女房の呼び名。近親に中務省の官人がいる場合の命名。
※源氏(1001‐14頃)帚木「中納言の君、中つかさなどやうの、おしなべたらぬ若人どもに」
[2] 平安中期の女流歌人。三十六歌仙の一人。宇多天皇の皇子中務卿敦慶親王の女。母は歌人伊勢。源信明(さねあきら)の妻。和歌は「後撰和歌集」以下の勅撰集に見える六九首のほか、家集に「中務集」がある。生没年不詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中務」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中務の関連情報

他サービスで検索

「中務」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.