Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

中務省【なかつかさしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

中務省
なかつかさしょう
令制における太政官八省の一つ。禁中の庶務をとる役所天皇近侍して,詔勅,宣下 (せんげ) ,叙位のことなどを司った。長官である中務卿には四位以上の親王が任じられ,その下に,録の四等官以下がおかれた。ほかに天皇近侍の侍従がいた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なかつかさ‐しょう〔‐シヤウ〕【中務省】
律令制で、太政官(だいじょうかん)八省の一。天皇に近侍し、詔勅の宣下や位記(いき)の発行、上表の受納など、宮中政務をつかさどった。四等官のほかに侍従・内記・監物(けんもつ)・主鈴などの職員がいた。なかのまつりごとのつかさ。なかのつかさ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅうむ‐しょう〔‐シヤウ〕【中務省】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なか‐の‐つかさ【中省】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかのまつりごと‐の‐つかさ【中省】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なかつかさしょう【中務省】
令制で太政官の下で国務を分掌する八省の一つ。天皇に侍従し,詔勅の文案の審署,上表の受納,国史の監修,女官の名帳・考叙・位記,諸国戸籍・租調帳,僧尼の名籍をつかさどる。総じていえば天皇の秘書の官で,唐の中書省に近似するが,地位はそれほど高くない。職員は卿,大輔・少輔,大丞・少丞,大録・少録の四等官のほか,侍従内記(大中少),監物(けんもつ)(大中少),主鈴(しゆれい)(大少),典鑰(てんやく)(大少)や史生,内舎人,使部,直丁などが所属し,八省中最大の規模を持つ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

中務省
なかつかさしょう

令(りょう)制に規定された中央官司。太政官(だいじょうかん)に属した八省の一つで、中宮職(ちゅうぐうしき)および左右舎人(とねり)・図書(ずしょ)・内蔵(くら)・縫殿(ぬいどの)・陰陽(おんみょう)の6寮、画工(えたくみ)・内薬(うちのくすり)・内礼(ないらい)の3司を管した。天皇の国事行為や後宮(こうきゅう)関係の政務に携わり、とくに詔書・勅旨の作成に関し、天皇の意を受けて起案し、覆奏して施行許可をとり、卿(かみ)・大少輔(だいしょうすけ)が署名のうえ、太政官に送る要務にあたった。浄御原令(きよみはらりょう)では中官(なかのつかさ)とよんだらしい。侍従、内舎人(うどねり)、内記、監物(けんもつ)などの官人を擁して、天皇印、鍵(かぎ)、駅鈴、伝符や戸籍を管理した。天皇に近侍し、卿、輔の官位相当は、他省より一階高かったが、平安初期以後、卿に親王を任ずるようになった。奈良中期、一時信部省(しんぶしょう)と改称した。

[八木 充]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅうむ‐しょう ‥シャウ【中務省】
〘名〙 (「中務省(なかつかさしょう)」の音読み) 令制で、八省の一つ。詔勅の宣下などをつかさどった官司。〔和英語林集成(再版)(1872)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかつかさ‐しょう ‥シャウ【中務省】
〘名〙 令制での八省の一つ。内廷の政務を取り扱い、八省のうちで最も重要とみなされていた宮司。飛鳥浄御原令制では中宮と表記された。卿以下の四等官は天皇に近侍し、詔勅の宣下や位記の発行、上表の受納などをつかさどる。総じて、国政機構である太政官と天皇との間を仲介する役割を分担したといえる。四等官のほか、品官(ほんかん)として帯剣して天皇を侍衛する侍従や内舎人、詔勅などを起草する内記、蔵の鍵を監視し大蔵省・内蔵寮の物の出納に立ち会う監物や典鑰(てんやく)、鈴印伝符を保管する主鈴があった。管轄下に中宮職のほか、六寮(大舎人・図書・内蔵・縫殿・陰陽・内匠)、三司(画工・内薬・内礼)がある。なかのまつりごとするつかさ。なかのまつりごとのつかさ。なかのつかさ。〔令義解(718)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なかのまつりごと‐の‐つかさ【中務省】
〘名〙 =なかつかさしょう(中務省)〔二十巻本和名抄(934頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なか‐の‐つかさ【中務省】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

中務省
なかつかさしょう
律令官制の八省の一つ
太政官の左弁官に属し,天皇に侍従し,詔勅・上表・国史・天文・暦・女官の人事・考叙・位記・諸国の戸籍・租調帳・僧尼の名簿などをつかさどった。管轄下に中宮職のほか左右大舎人・図書内蔵・縫殿・陰陽の6寮と画工・内薬・内礼の3司があった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中務省」の用語解説はコトバンクが提供しています。

中務省の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.