Rakuten infoseek

辞書

【りょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


りょう
(1) 量目単位。令の規定では,1両を 16分の1斤=24銖 (約 16g) としている。 (2) 薬種の量目の単位。1両は4匁。 (3) 室町時代の金銀の量目の単位。金1両=4匁5分,銀1両=4匁3分。 (4) 江戸時代の金貨の単位。1両=4分=16朱。 (5) 中国の旧式銀貨の単位。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りゃん【両】
唐音
数の2。ふたつ。特に、拳(けん)などでいう。
りゃんこ2」に同じ。
「どこの侍か知らねえが、しかつべらしい―が腰をかけてゐるし」〈滑・八笑人・五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょう〔リヤウ〕【両】
[名]
二つで一組みとなるものの双方。両方。「の手」「の目」
近世まで用いられた重さの単位。1両は1銖(しゅ)の24倍、1斤(きん)の16分の1で、約41~42グラム。
江戸時代の通貨単位。金1両は慶長小判1枚(4.75匁、約17.8グラム)とし、その4分の1を分、分の4分の1を朱とする。また、金1両に対し銀50匁(のち60匁)、銭4貫を公定相場としたが、実際は変動が激しかった。
薬の重さの単位。1両は4匁。
布帛2反。
明治時代、俗に、のこと。
[接尾]助数詞。
車の台数を数えるのに用いる。「前の3が脱線」
二つで一組みになっている物を数えるのに用いる。
「錦御襪(したうづ)八―」〈皇太神宮儀式帳
装束・鎧などを数えるのに用いる。
「鎧の二三―をもかさねて、たやすう射通し候ふなり」〈平家・五〉
[補説]1は、「輛」とも書く。また、3は「領」の当て字

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょう【両〔兩〕】[漢字項目]
[音]リョウ(リャウ)(呉)(漢)
学習漢字]3年
二つで一組みとなるものの双方。二つ。「両院両者両親両性両刀両面両輪一両日
二つとも。ふたつながら。「両全両立両両両成敗一挙両得
昔の重さの単位。「斤両」
江戸時代の貨幣の単位。「両替(りょうがえ)千両箱
車。車を数える語。「車両
[名のり]もろ
[難読]両肌(もろはだ)両班(ヤンバン)両個(りゃんこ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りょう【両】
1891年に制定された度量衡法によって尺貫法が確立される以前に用いられた質量の単位。古代中国の単位に由来し,銖‐分‐両‐斤(銖は中位の秬(くろきび)100粒の重さ,分=6銖,両=4分,斤=16両)の系列をなし,唐の開元通宝目方に等しい匁に対しては1両=10匁の関係にあり,ほぼ37.3gに相当する。ただし鎌倉時代後期以降,京都では金1両は4匁5分,銀1両は4匁3分などとされた。薬種は通常1両が4匁であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りゃん【両】
〔唐音〕
数の名で、二。 「一人前ひとりめへ-宛づつの御散財さあ/安愚楽鍋 魯文
両個りやんこ」に同じ。 「しかつべらしい-が腰をかけてゐるし/滑稽本・八笑人」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょう【両】
[1] ( 名 )
ついになっている双方のもの。二つのもの。 「 -の手」
中世まで用いられた目方または重さの単位。律令制では斤きんの16分の1。41~42グラム。
近世の通貨単位。一両は銀五〇匁(のち六〇匁)、銭四貫。金貨で一分の4倍、一朱の16倍。ただし、市中では常に変動した。明治になり円に改称されたが、円の俗称として用いられた。
布帛二端の称。
( 接尾 )
助数詞。
車の数を数えるのに用いる。 「貨車四-」
二つで一組みになっているものを数えるのに用いる。 「錦御襪したうず八-/皇太神宮儀式帳」
接尾語「りょう(領)」に同じ。 「鎧の二三-をもかさねて、たやすう射通し候なり/平家 5」 〔
はもと「輛」の字を用いる。
は「領」のあて字〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


りょう
江戸時代の金貨の価の名称。もとは中国唐代の制度に倣ったわが国の令(りょう)制で定めた量目(りょうめ)の単位で、尺貫法でいう1斤(きん)の16分の1、10匁に相当した。中世以後は、おもに金などの貴重品の重さの単位となり、それとともに量目は5匁から4匁相当に半減した。
 1601年(慶長6)江戸幕府が計数貨幣として、いわゆる慶長大判、慶長小判、慶長(けいちょう)一分判(一分金)という3種の金貨を発行するに至って、小判1枚(4.75匁=約17.8グラム)をもって1両と定められた。一分判は小判の4分の1の量目で、価格は1両の4分の1として通用させ、大判は額面10両だが、通用価格は時価によって変動している。この後、1697年(元禄10)には、分の4分の1に相当する朱という単位を用いた二朱金(8枚で1両に通用)が新たに発行され、ここに両、分、朱という四進法を用いた金貨制度が確立された。しかし、1695年の貨幣改鋳に際しては、慶長小判に対し、重量は不変ながら、品位(金の含有率)についてはおよそ27%近く落とされている。
 この後、1714年(正徳4)と1716年(享保1)の改鋳で品位が一度は復活したものの、以降貨幣改鋳のたびに、品位の低下と小判1枚の重さ自体の軽量化が進み、貨幣制度の基本であった1両そのものの量目は変動していった。そのために、1609年、金1両に対し銀50匁、銭4貫(4000文)と定め、1700年に銀60匁、銭4貫と修正された公定相場も、有名無実化され、両替相場は激しく変動している。なお、1871年(明治4)、明治政府は新貨条例施行にあたって、従来の金1両を新貨1円と定め、両を単位とする貨幣制度は改廃された。[棚橋正博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ころ【両】
〘名〙 重さの単位。特に、金銀などの重さの単位。一両は二四銖(しゅ)、一斤の一六分の一。りょう。
書紀(720)推古一三年四月(岩崎本訓)「黄金三百両(コロ)を貢上る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りゃん【両】
〘名〙 (「両」の唐宋音)
① 数の二。特に、拳(けん)でいう。りゃんこ。りゃんな。りゃんや。
滑稽本東海道中膝栗毛(1802‐09)三「『でまいろう。なんでもまけたものが、おぶってわたるのだがよしか』〈略〉『りゃん、ごうさいごうさい』」
※洒落本・二蒲団(1801)「『けふの客人はなんだ』『それかのはなしのりゃんさ。すかねへ』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

りょう リャウ【両】
[1] 〘名〙
① 重さの単位の名称。
(イ) 令制における二四銖(しゅ)の重さの名称。日本古代の称量(しょうりょう)の制は、唐の制を踏襲したもので、中くらいの大きさの黍(きび)一〇〇粒の重さを基準としてこれを一銖とし、二四銖を両とし、一六両を斤(きん)とした。平安時代以降六銖を分(ふん)とし、四分で一両とする制も併合された。中国では、唐の武徳四年(六二一)に一枚二・四銖の重量の開元通宝を鋳造し、良質の銅銭であったため基準貨幣とされた。これの一〇枚は二四銖すなわち一両になる。開元通宝一文(銭)の重量を文目(匁)と称し、中世以降重量単位の系列の中にとり入れられた。一六両すなわち一六〇文が一斤となる。一両すなわち一〇匁は三七・五グラムに相当する。〔令義解(718)〕
(ロ) 中世から近世末まで行なわれた重さの単位で、時代・地方により、はかる物により、いろいろと差はあったが、だいたい四匁ないし五匁を単位とする名称。金・薬・香など貴重品について行なわれた単位で、両の量目を半減したもの、すなわち一両を五匁とする法が用いられた。その時期は不明であるが、平安時代のうちとも鎌倉時代ともいわれる。また、金の一両は、室町時代までに四匁五分とされ、天文二年(一五三三)ごろから四匁四分とされた。銀の一両は、中世・近世を通じて四匁三分が標準で、他の物の一両は古くは五匁、のちに四匁四分、近世では多く四匁が用いられた。もっとも、これは京目(きょうめ)であり、地方ではいろいろな田舎目(いなかめ)が用いられて一定でなかったが、すべて四匁から五匁までを一両とするものであった。なお、一〇両を一枚(まい)と称した。
※御堂関白記‐長和元年(1012)一〇月二九日「先日所奉紅雪今二両可奉」
② 貨幣の価の単位の名称。
(イ) 称量貨幣であった金および銀の、一両の重さのもつ価の名称。計数貨幣の銭(ぜに)に対する一両の重さの金あるいは銀の価、また、金銀それぞれの価の割合は、時代・地方により差があった。金銀の比は、古来ほぼ金一両に銀五両ないし六両であったが、一六世紀なかばから銀一〇両ほど、一七世紀前半には銀一三両ほどとなり、近世末には銀二〇両以上となった。金の勘定には、一両を四分(ぶ)、一分を四銖(しゅ)とする四進法が行なわれた。なお、一〇両を一枚(まい)と称した。
※上井覚兼日記‐天正一二年(1584)一二月八日「御太刀、黄金卅両、甲進上也」
(ロ) 計数貨幣であった江戸時代の金貨の価の名称。幕府は慶長六年(一六〇一)以来、大判・小判・分判(ぶばん)を計数貨幣として発行し、金一両に対して銭四貫文、称量貨幣の銀五〇匁、元祿時代(一六八八‐一七〇四)から六〇匁を公定相場と定め、さらに、明和二年(一七六五)以降、計数貨幣の銀貨として五匁銀などを発行して、貨幣制度の統一を図った。しかし、実際には、金貨・銀貨は、その額面どおりには取引されず、それぞれの品質によって価が変わり、多く、金・銀の実勢相場によって取引され、公定相場は有名無実であった。明治四年(一八七一)、政府は新貨幣法によって、従来の金一両を新貨一円と定めた。
※御条目‐上・慶長一四年(1609)七月一九日(古事類苑・泉貨三)「一金子壱両に永銭壱貫文たるべき事、一金子壱両に京銭可四貫文
③ 織物の長さ二反(たん)を単位とする名称。
※平家(13C前)八「あつ綿のきぬ二両、小袖十重(かさね)、長持にいれてまうけたり」 〔周礼‐地官・媒氏〕
④ 数の二。ふたつ。ことに、ふたつで対になっている物の双方。両方。
※申楽談儀(1430)定まれる事「扇を広げて、右に持ちて、手を広げて、前へややと言ひてふみよりて、りゃうの袖を打込みて、左右へさっさっと棄つる也」 〔逸周書‐武順解〕
[2] 〘接尾〙
二つで一組になっている物の数をかぞえるのに用いる。
※皇太神宮儀式帳(804)「錦御襪八両」
② (もとは「輛」の字も多く用いた) 車の数をかぞえるのに用いる。現代は、大きな車すなわち車両に用いる。
※儀式(872)一「童女、車一両」 〔書経‐牧誓序〕
③ (「領」のあて字) 装束・鎧(よろい)などの数をかぞえるのに用いる。→(二)。
※平家(13C前)五「かかるせい兵どもが射候へ者(ば)、鎧の二三両をもかさねて、たやすう射通し候也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

両の関連情報

他サービスで検索

「両」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.