Rakuten infoseek

辞書

両総台地【りょうそうだいち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

両総台地
りょうそうだいち
千葉県北部房総半島の北半を占める台地。面積 1900km2。下総国と上総国にまたがることが名称の由来で,厳密には北部を下総台地と呼ぶが,大部分の地域を下総台地が占めるため,「下総台地」のほうが常用される。半島の南半を占める房総丘陵との境界 (茂原上総湊) 付近が標高 100mで最も高く,北に低く傾斜し,平坦な台地面もある。地層は下層が粘土層,その上は砂質の成田層,上層が関東ローム層で形成されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りょうそうだいち【両総台地】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

両総台地
りょうそうだいち
千葉県北部を占める下総台地(しもうさだいち)と、その南東に広がる上総台地(かずさだいち)の総称であるが、広義の下総台地には上総台地も含まれるので、一般には下総台地という。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りょうそう‐だいち リャウソウ‥【両総台地】
千葉県、房総半島の北半部を占める台地。上総台地・下総台地の総称で、普通は北部の下総台地をいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

両総台地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

両総台地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.