Rakuten infoseek

辞書

【せい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


せい
epoch
地質年代区分のより小さくより大きい単位。年代層序区分のに対応する。化石群の進化に基づき区分される。更新世完新世などと用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せ【世】[漢字項目]
せい

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい【世】
[接尾]助数詞。受けついだ世代・地位・称号などの代数や順序を表すのに用いられる。「日系二」「九団十郎」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい【世】[漢字項目]
[音]セイ(漢) (呉) [訓]
学習漢字]3年
〈セイ〉
家督を継いでから子に引き継がれるまでの期間。また、人の一代。「世子終世早世隔世遺伝
先祖代々。「世系
一定の尺度で区切られる時間。時代。「世紀隔世季世近世後世(こうせい)盛世中世
世の中。「厭世(えんせい)経世警世在世時世辞世処世人世絶世治世遁世(とんせい)乱世
地質時代の区分の一。紀をさらに細分したもの。「沖積世
〈セ〉
1に同じ。「世代
先祖代々。「世襲
世の中。「世界世間世事世上世情世相世論世話出世
仏教で、過去・現在・未来のこと。「現世後世(ごせ)三世(さんぜ)宿世(すくせ・しゅくせ)前世来世
〈よ〉「世論浮世時世(ときよ)
[名のり]つぎ・つぐ・とき・とし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よ【世/代】
《「節(よ)」と同語源。時間や空間の、限られた区間の意》
人の一生。生涯。また、寿命。年齢。「わが―の終わり」
一人の支配者、または一つの系統・政体に属する支配者が政権を維持している期間。時代。「明治の―」「武家の―」
家督をついでその家を治める期間。また、その治める権利や立場。「息子の―になる」「―を譲る」
仏教で、過去・現在・未来のそれぞれの期間。前世・現世・来世のそれぞれ。「あの―」「この―」
出家した人の住む世界に対して、凡俗の住む世界。俗世間。「―に背く」
人が互いにかかわりあって生きていく場。世の中。社会。世間。「浮き沈みは―の習い」「新しい思想を―に広める」
社会での境遇。特に、時運に乗って栄えること。「―を時めくタレント」
その時の社会の流れ。時勢。「―はまさにコンピューター時代だ」
生活していくこと。なりわい。「―の営み」「―を過ごす」
10 ある期間。時期。機会。
「二条の后の宮まだ帝にも仕うまつり給はで、ただ人におはしましける―に」〈大和・一六一〉
11 国家。国。また、世界。
「国王の仰せ言を、まさに―に住み給はむ人の、承り給はでありなむや」〈竹取
12 男女の仲。恋情。
「むげに―を思ひ知らぬやうにおぼほれ給ふなん、いとつらき」〈・帚木〉
[下接語]徒(あだ)し世彼(あ)の世新た世有らぬ世・幾千代・幾世今の世浮き世現(うつ)し世彼(か)の世上つ世神代仮の世君が代此(こ)の世先の世末の世千代塵(ちり)の世露の世時世常(とこ)世・中つ世・後(のち)の世人の世一世又の世三(み)世御(み)世百(もも)世八千代夢の世代代万(よろず)代

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せい【世】
( 接尾 )
助数詞。受け継いだ世代・地位・称号などの代数や順序を表す。 「日系三-」 「チャールズ二-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


せい
地質学的な時間(時代)区分単位の一つ。時間層序(時間―岩相)区分単位の統に対応する。すなわち、上限と下限を模式層序の層準によって明確にされた統という区分単位でよばれる、岩石地層の形成堆積(たいせき)した時間間隔を世という。地質時代区分の階級では、世は期より長く、紀より短く、時間は平均すれば1500万年程度になる。世には中新世、トレマドク世などのように、いろいろな事柄に基づいて名前がつけられており、統につけられた名称と同じ名称が世にも適用される。また紀を、前、中、後などの時間間隔に分割して、世として用いることもある。世は一般に、2~6の期に細分される。ほとんどの場合、世までは世界的な適用範囲をもつが、これより細分されると対比の精度に限界があるため、多くの期は地域的にしか適用されなくなる。[花井哲郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せ【世】
〘名〙 生きている期間。また、人の住む世界。よ。せい。
教行信証(1224)五「復有一義説无量名、所謂如陰。亦名為陰、亦名顛倒、亦名為諦、亦名為四念処〈略〉亦名為衆生、亦名為世」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい【世】
[1] 〘名〙
① よのなか。よ。人間が社会生活を営んでおり、その生滅のおこるところ。せ。〔論語‐微子〕
② 比較的長い時間の単位をいう。中国では、昔一〇年、または、三〇年、西欧では一〇〇年をいう。〔論語‐子路〕
③ 歴史学的に区切った年代、「中世」「近世」「季世」など。
地質学で、「紀」の下の時代区分。「沖積世」「洪積世」など。
[2] 〘接尾〙
① 家督・統治権などを相続する場合、その代数を数えるのに用いる。代(だい)
※平家(13C前)八「それ我君は天孫四十九世の正統、仁王八十一代の御門なり」
② 何人かが、またはいくつかが同じ名を継承する場合に用いる。「チャールズ二世」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

世の関連情報

他サービスで検索

「世」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.