Rakuten infoseek

辞書

世界農業遺産【せかいのうぎょういさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

世界農業遺産
せかいのうぎょういさん
Globally Important Agricultural Heritage Systems; GIAHS
食料の安定確保を目指す国際組織国連食糧農業機関 FAOが,衰退しつつある伝統的な農業,文化風習,生物多様性などの保全を目的に 2002年に開始した認定制度。正式名称は世界重要農業資産システム GIAHS(ジアス)。近代化が進むなか,次世代に継承すべきその土地の環境をいかした伝統的な農業・農法,生物多様性が守られた土地利用,農村文化,農村景観および保全活用のための地域の取り組みを「地域システム」として認定することで,それらを一体的に保全し,次世代へ維持・継承していくことを目的としている。条件を満たしていると認められた地域は FAOにより世界農業遺産として認定される。2013年10月現在,アンデス農業(ペルー),カシミールサフラン農業(インド),ハニ(哈尼)族の棚田(→階段耕作中国),マグレブオアシスアルジェリアチュニジアモロッコ)など,11ヵ国 25地域が認定を受けている。日本からは 2011年6月,新潟県佐渡市の「トキと共生する佐渡の里山」と,石川県の能登地域GIAHS推進協議会が申請した「能登の里山・里海」の 2件が初めて登録された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

世界農業遺産
伝統的な農林水産業と、それらが育む文化と生物多様性、農村景観が一体になった将来に受け継がれるべき世界的に重要なシステム。国連食糧農業機関(FAO)が認定する。今回の大崎地域と新潟県佐渡市、熊本県阿蘇地域など9地域を含めた19カ国の45地域。
(2017-12-14 朝日新聞 朝刊 宮城全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

せかい‐のうぎょういさん〔‐ノウゲフヰサン〕【世界農業遺産】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

世界農業遺産
国連食糧農業機関(FAO)が提唱している世界重要農業遺産システム(Globally Important Agricultural Heritage Systems)の略称。伝統的な農業・農法や、農業によって育まれた文化風習・生物多様性・農村景観などの保全を目的に、世界的に重要な地域をFAOが認定する制度。2002年に創設された。日本では11年に新潟県佐渡と石川県能登、13年に熊本県阿蘇、大分県国東半島・宇佐、静岡県掛川が認定されている。
(2013-5-31)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界農業遺産」の用語解説はコトバンクが提供しています。

世界農業遺産の関連情報

他サービスで検索

「世界農業遺産」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.