Rakuten infoseek

辞書

世数親等制【せすうしんとうせい】

世界大百科事典 第2版

せすうしんとうせい【世数親等制】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

せすう‐しんとうせい【世数親等制】
〘名〙 もっぱら血縁の遠近、世数の多少を規準とした一般的な計算法によって親等を算定する制度。ある二人の間の親等は相互に常に同一。姻族も血族と同様に親等を数えるが、配偶者間には親等がない。古来、ヨーロッパに行なわれ、わが国の現行民法もこれを採用している。⇔階級親等制

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世数親等制」の用語解説はコトバンクが提供しています。

世数親等制の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.