Rakuten infoseek

辞書

世態【セタイ】

デジタル大辞泉

せ‐たい【世態】
世の中のありさま。世間の状世情。せいたい。「世態人情」
「小説の主脳は人情なり、―風俗これに次ぐ」〈逍遥小説神髄

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐たい【世態】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せいたい【世態】
せたい(世態)に同じ。 ヘボン

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せたい【世態】
世の中のありさま。世間の状態。世相。世情。 -人情

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐たい【世態】
※授業編(1783)四「今日の人情世態(セイタイ)に親切にして」
※怪談牡丹燈籠(1884)〈三遊亭円朝〉序詞〈若林玵蔵〉「三遊亭円朝子の人情話は頗る世態(セイタイ)を穿ち」 〔戴叔倫‐旅次寄湖南張郎中詩〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せ‐たい【世態】
〘名〙 世の有様。世間の状態。世相。せいたい。
※随得集(1388頃)再次前韻寄義堂七首「世態偏由離合見、交情宜始終云」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「世態人情の変遷と云ふものは実に不思議なもので」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世態」の用語解説はコトバンクが提供しています。

世態の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.