Rakuten infoseek

辞書

世尊寺流【せそんじりゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

世尊寺流
せそんじりゅう
平安時代の歌人で能家として著名であった藤原行成始祖とする書の流派世尊寺は藤原行成が完成した寺で,流派の名は世尊寺家第9代の経朝のときにつけられた。行成から5代目の伊行の頃から書風が固まり,代々朝廷の書役に従ったため和様正統の書として長く後代まで続いた。しかし,権威があったのは鎌倉時代までで,室町時代の行季のときに家系は絶えたため,世尊寺流に代って持明院流が朝廷の書役に奉仕した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せそんじ‐りゅう〔‐リウ〕【世尊寺流】
和様書道の流派の一。藤原行成とし、和様の書法を大成。17代行季(ゆきすえ)が享禄2年(1529)に没するまで、権威のある書法として朝廷や貴族に用いられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せそんじりゅう【世尊寺流】
藤原行成子孫を中心とする書の流派。中国から伝わった書道は,平安時代中ごろにいわゆる和様となるが,それは三蹟の小野道風,藤原佐理,藤原行成において顕著であった。中でも行成の書風が最も日本人の嗜好にかなったのであろう。その系統の書風の流れが後世に及ぼした影響は多大なものであった。流名は,行成の邸桃園第に同家の氏寺として建てられた世尊寺による。世尊寺の家系は室町時代に及び,1529年(享禄2)17代行季の死で断絶した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せそんじりゅう【世尊寺流】
和様書道の一流派。藤原行成を祖とする。和様書道の根源とされ、平安末から鎌倉初期に最も行われたがその後衰退した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

世尊寺流
せそんじりゅう
書道の流派の一つ。和様の完成者で「三蹟(さんせき)」の一人藤原行成(ゆきなり)を祖とする。名称の由来は、当時、宮廷書道界を支配していた行成が、桃園(ももぞの)の邸を改築して建立した寺名を、後世、8代目の子孫行能(ゆきよし)が家名としたことに始まる。一系は、(1)行成、(2)行経(ゆきつね)、(3)伊房(これふさ)、(4)定実(さだざね)、(5)定信(さだのぶ)、(6)伊行(これゆき)、(7)伊経(これつね)、(8)行能、(9)経朝(つねとも)、(10)経尹(つねただ)、(11)行房(ゆきふさ)、(12)行尹(ゆきただ)、(13)行忠(ゆきただ)、(14)行俊(ゆきとし)、(15)行豊(ゆきとよ)、(16)伊忠(これただ)、(17)行季(ゆきすえ)と、室町時代後期まで続いた。6、7代目あたりまでは書道の名門としての命脈を支え、保守本流的立場を保ち続けたが、行成の伝統を墨守するあまり、12世紀後半以降は新鮮さを失い、形式的な書風に堕した。[神崎充晴]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せそんじ‐りゅう ‥リウ【世尊寺流】
〘名〙 平安時代、藤原行成を始祖とする和様書道の一派。小野道風・藤原佐理のあとをうけて上代様の書風を完成。行成の建立した世尊寺にちなんで流派名とし、一七代藤原行季が享祿二年(一五二九)に没して断絶するまでの間、最も権威ある書法として宮廷や貴族などに用いられた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

世尊寺流
せそんじりゅう
平安中期,藤原行成を始祖とする和様書道の一流派
行成は権蹟 (ごんせき) といわれる草仮名の書風を大成。青蓮院 (しようれんいん) 流のおこるまで書道界の主流となった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世尊寺流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

世尊寺流の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.