Rakuten infoseek

辞書

与謝野鉄幹【よさの てっかん】

美術人名辞典

与謝野鉄幹
歌人。京都生。名は寛。名付け親大田垣蓮月。上京し落合直文に師事。明治33年新詩社を創設、『明星』を発刊する。その門に俊才が多く集まり、新詩社の短歌時代を現出する。慶大教授。昭和10年(1935)歿、63才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

よさの‐てっかん【与謝野鉄幹】
[1873~1935]詩人・歌人。京都の生まれ。本名、寛(ひろし)。落合直文の門に入り、浅香社に参加、短歌革新運動を興した。のち新詩社を創立し、「明星」を創刊、主宰。妻晶子とともに明治浪漫主義に新時代を開き、新人を多く育成した。歌論亡国の音(おん)」、詩歌集「東西南北」「」、訳詩集「リラの花」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

与謝野鉄幹 よさの-てっかん
1873-1935 明治-昭和時代前期の歌人,詩人。
明治6年2月26日生まれ。与謝野礼厳(れいごん)の4男。明治25年上京,落合直文に師事し浅香社に参加。27年歌論「亡国の音」を発表し,和歌の革新をとなえる。32年東京新詩社を創立して「明星」を創刊・主宰,妻与謝野晶子(あきこ)とともに浪漫主義文学運動を推進した。昭和10年3月26日死去。63歳。京都出身。本名は寛(ひろし)。詩歌集に「東西南北」,歌集「相聞(あいぎこえ)」など。
【格言など】われ男(を)の子意気の子名の子つるぎの子詩の子恋の子あゝもだえの子(「紫」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

よさのてっかん【与謝野鉄幹】
1873‐1935(明治6‐昭和10)
歌人,詩人。京都市生れ。本名寛(ひろし)。真宗歌僧であった父礼厳(れいごん)の事業の失敗で寺を離れ,一時他家の養子になるなど苦労して育った。1892年山口県徳山から上京し,落合直文の門に入り,あさ香社に参加した。94年御歌所の古い歌風を排撃した《亡国の音(ね)》発表。渡韓前後の虎や剣を歌った慷慨調の作を収めた詩歌集《東西南北》(1896),《天地玄黄》(1897)で文壇に登場,99年みずから新詩社を創設し,1900年には《明星》を創刊・主宰する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

よさのてっかん【与謝野鉄幹】
1873~1935) 詩人・歌人。京都府生まれ。本名、寛。落合直文の門に学び浅香社を結ぶ。初め短歌革新運動家として活躍したが、「明星」を創刊して妻晶子とともに浪漫主義運動を推進、明治30年代の詩歌壇を主導した。代表作「東西南北」「紫」「相聞」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

与謝野鉄幹
よさのてっかん
[生]1873.2.26. 京都
[没]1935.3.26. 東京
詩人,歌人。本名,寛。西本願寺支院に生れ,幼くして仏典,漢籍,国書を学び,早くから天才児とうたわれた。 1892年上京して落合直文門に入り,虎剣流と呼ばれた国家主義的な悲憤慷慨調の詩歌集『東西南北』 (1896) ,『天地玄黄』 (97) で話題を集めた。 99年東京新詩社を創立,翌年機関誌『明星 (みょうじょう) 』を創刊して与謝野晶子茅野雅子山川登美子らを擁し,明治浪漫主義の展開を主導した。みずからも詩歌集『鉄幹子』 (1901) ,『紫』 (01) を経て『うもれ木』 (02) ,『毒草』 (04,晶子と共著) にいたり,奔放な空想,華麗な感覚に満ちたいわゆる星菫調に歌風を一変し,妻の晶子とともに明治,大正,昭和を通じて浪漫主義詩歌の主柱となった。ほかに歌集『相聞 (あいぎこえ) 』 (10) ,訳詩集『リラの花』 (14) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

与謝野鉄幹
よさのてっかん
(1873―1935)
歌人、詩人。明治6年2月26日京都に生まれる。本名寛(ひろし)。鉄幹の号は1905年(明治38)ころ廃したが、いまもこの号で多くよばれる。父礼厳(れいごん)は真宗の歌僧。寺の没落に伴い、鉄幹も少年時代から他家の養子になり、大阪、岡山、徳山と転住し、世の辛酸をなめた。次兄の経営する徳山女学校教師を3年勤めたあと、1892年(明治25)上京し、落合直文(なおぶみ)門に入り、翌年創設されたあさ香(か)社に参加、『二六(にろく)新報』に歌論「亡国の音(おん)」を発表した。95年朝鮮に渡ったが乙未(いつみ)事変にあい帰国。翌年詩歌集『東西南北』を、翌々年『天地玄黄(てんちげんこう)』を刊行、注目された。1900年(明治33)4月、新詩社の機関誌『明星』創刊、08年11月、100号で廃刊まで主宰、多くの新人を育て浪漫(ろうまん)主義文学運動を推進した。家庭的には、2女性との離別を経て鳳晶子(ほうあきこ)と結婚、夫妻で『明星』に活躍した。詩歌集に『鉄幹子』(1901)、『紫』(1901)、『うもれ木』(1902)、『毒草(どくぐさ)』(晶子と共著。1904)、『(かし)の葉』(1910)などがあるが、とくに歌集『相聞(あいぎこえ)』(1910)に円熟した歌境がみえる。「大空の塵(ちり)とはいかが思ふべき熱き涙のながるるものを」など。11年渡欧、紀行『巴里(パリ)より』(晶子と共著)、訳詩集『リラの花』(ともに1914)はその記念である。大正期以降、歌壇から離れたが、第二次『明星』、『冬柏(とうはく)』の両誌を晶子らと刊行し、また旅を好んで、終生作歌を続けた。昭和10年3月26日没、多磨霊園に葬られた。『与謝野寛短歌全集』(1933)、『与謝野寛遺稿歌集』(1935)、『采花集(さいかしゅう)』(詩集、1941)に主要作品が集成されている。[新間進一]
『『明治文学全集51 与謝野鉄幹・与謝野晶子集』(1968・筑摩書房) ▽逸見久美著『評伝与謝野鉄幹・晶子』(1975・八木書店) ▽中晧著『与謝野鉄幹』(1981・桜楓社) ▽永岡健右著『与謝野鉄幹伝――東京新詩社成立まで』(1984・桜楓社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よさの‐てっかん【与謝野鉄幹】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

与謝野鉄幹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

与謝野鉄幹の関連情報

他サービスで検索

「与謝野鉄幹」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.