Rakuten infoseek

辞書

【フ】

デジタル大辞泉

ふ【不】
[接頭]名詞または形容動詞の語幹に付いて、それを打ち消し、否定する意を表す。
…でない、…しない、などの意を添える。「必要」「一致」「確か」「行き届き」
…がない、…がわるい、…がよくない、などの意を添える。「人情」「景気」「出来」「手際」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ふ【不】[漢字項目]
[音](呉) (慣) [訓]ず
学習漢字]4年
〈フ〉
否定を表す語。…しない。…でない。「不安不意不可不快不義不吉不朽不幸不在不実不順不信不振不正不足不当不動不能不備不便不法不満不明不用不利不良
よくない。悪い。「不運不況不作不調不猟
〈ブ〉に同じ。「不精(ぶしょう)不粋
[難読]不拘(かかわらず)・不如(しかず)・不知不識(しらずしらず)・不知火(しらぬい)不束(ふつつか)不如帰(ほととぎす)不味(まず)い不見転(みずてん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶ【不】
[接頭]名詞または形容動詞の語幹に付いて、それを打ち消し、否定する意を表す。無(ぶ)。
…でない、…しない、などの意を添える。「調法」
…がわるい、…がよくない、などの意を添える。「気味」「器量」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶ【不/附】[漢字項目]
〈不〉⇒
〈附〉⇒

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ふ【不】
接頭
名詞に付いて、それを打ち消し、否定する意を表す。
「…でない」「…しない」の意を添える。 -経済 -必要 -行き届き -確か
「…が悪い」「…がよくない」の意を添える。 -身持ち -出来 -成績 -手際

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふ【不】
[1] 〘接頭〙 体言につけて、それを打ち消し、否定するを表わす語。
(イ) 「…でない」の意を添える。「不確か」「不適当」など。
(ロ) 「…がない」、「…がよくない」の意を添える。「不人情」「不品行」など。
[2] 「ふさく(不作)」の略。〔名語記(1275)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぶ【不】
〘接頭〙 体言につけて、それを打ち消し否定したり、その内容がよくない意を表わしたりする語。無(ぶ)。「不細工」「不調法」「不恰好」「不器量」「不器用」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.