Rakuten infoseek

辞書

不対電子【ふついでんし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

不対電子
ふついでんし
unpaired electron
原子,原子団または分子において,2つの電子スピンが反平行磁気双極子モーメント (磁気モーメント ) も打消し合っているものを対電子といい,スピンを打消す相手をもたない電子を不対電子という。不対電子をもつ原子,原子団または分子の多くは化学的に活性に富み,またこれらを含む物質常磁性または強磁性を示す。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふつい‐でんし【不対電子】
電子対にならない電子。物質の強磁性常磁性原因となり、遊離基遷移元素の多くに存在する。奇電子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふついでんし【不対電子 unpaired electron】
原子・分子の各電子軌道は,スピンが互いに逆向きな2個の電子を収容できる。原子・分子の電子軌道の中で,電子を1個しか収容していない軌道があるとき,その軌道が不対電子をもつという。不対電子をもつ原子・分子は,不対電子に由来する磁気モーメントをもつ。価電子軌道に不対電子をもつ分子(ラジカル)は一般に,きわめて不安定である。【黒田 晴雄】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふついでんし【不対電子】
通常二個が対となって原子核のまわりの軌道上に存在する電子の、一方が失われて軌道に一つだけとなった状態。非常に不安定であるため、この状態の遊離基は化学反応性に富み、他原子あるいは他分子と容易に反応する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

不対電子
フツイデンシ
unpaired electron

一つの原子あるいは分子のなかで対をなしていない電子をいう.閉殻構造をもった希ガスや多くの安定な分子では,パウリの原理に従って逆向きのスピンをもった電子が対をなして軌道を占有している.しかし,希ガス以外の原子では,フントの規則により電子のスピンが平行になる電子配列をとりやすく,不対電子をもつ.また,奇数個の電子をもつ分子(例:NO,遊離基)はもちろん,偶数個の電子をもつ分子でも不対電子をもつことがある(例:O2ビラジカル).一般に不対電子は,ほかの不対電子と対をつくって安定な共有結合をつくるので,遊離基は化学反応性が大きい.不対電子をもった分子は常磁性示し電子スピン共鳴吸収を与える.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不対電子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不対電子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.