Rakuten infoseek

辞書

不審庵【ふしんあん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

不審庵
ふしんあん
利休がもと京都大徳寺の門前に建てた茶室。不審庵は利休の次男の少庵,少庵の長男の宗旦,宗旦の3男の江岑 (こうしん) 宗左によって受継がれ,表千家を代表する茶室の席名となり,またその家元の庵号ともなっている。利休好みの草庵茶席の代表とされ,現在,本法寺前の表千家内にある。たびたび火災にあい,現存の不審庵は 1914年に再建されたもの。命名は利休の師,古渓の「不審花開今日春」の言葉からとったものと伝えられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふしん‐あん【不審庵】
京都市上京区の表千家の家元邸内にある茶室。千少庵(せんのしょうあん)が利休の三畳台目(だいめ)を復興したのが始まり。現在のものは大正3年(1914)に建築したもの。
茶道流派、表千家のこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふしんあん【不審庵】
表千家を代表する茶室で表千家邸内(京都市上京区)に所在。また表千家流家元の庵号として呼ばれる。利休の賜死後,京都上京の本法寺前に千家再興を許された千少庵は,深三畳台目と三畳道安囲(どうあんがこい)の茶室をつくり,いずれかに〈不審庵〉の額を掲げていた。次いで千宗旦は一畳半を造立して不審庵と称した。これを受け継いだ江岑(こうしん)宗左が,父宗旦とはかり新しく平三畳台目に建て替えたのが,現存する不審庵の始まりである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふしんあん【不審庵】
京都市上京区の表千家家元邸内にある茶室。しばしば火災にあい、現在のものは1913年(大正2)再築のもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典

ふしんあん【不審庵】
京都市上京区の表千家家元の邸内にある茶室。千利休(せんのりきゅう)の好んだ草庵茶室の典型として知られる。千小庵(せんのしょうあん)(利休の後妻・宗恩の連れ子で、後に女婿となった)の千家再興時に作られ、小庵の子(利休の孫)宗旦(そうたん)とその三男の宗左によって、三畳台目と呼ばれる形になった。現在の建物は1913(大正2)年に再建されたもの。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

不審庵
ふしんあん
表千家の代表的な茶室。京都・本法寺前に再興された千家に、2世少庵(しょうあん)は深三畳台目(だいめ)と三畳道安囲(どうあんがこい)の茶室を設けた。ついで3世宗旦(そうたん)は「床(とこ)なしの一畳半」を造立してこれを不審庵と称した。不審庵は利休の別号でもあり、利休が大徳寺門前に造立した四畳半にも不審庵の額が掲げられたという。1647年(正保4)4世江岑(こうしん)は、受け継いだ一畳半を畳んで新たに平三畳台目をおこした。これが表千家に存続する不審庵であり、現在のは1913年(大正2)の再建になる。(こけらぶき)切妻造の屋根に庇(ひさし)を組み合わせた軽快な外観は、草庵茶室の優れた一典型であり、内部は、中柱を中心に利休流の端正な台目構えの手法が示されている。躙口(にじりぐち)の正面に床(とこ)、床脇(とこわき)に給仕口をあけている。点前(てまえ)座の風炉(ふろ)先のほうに釣襖(ふすま)の茶道口をあけ、勝手付に板畳を添えているのが異色な構えである。[中村昌生]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふしん‐あん【不審庵】
茶室の一つ。京都表千家家元邸内にある。二世少庵が現在地に、利休の三畳台目を復興したのが始まり。三畳台目の基型として、また利休好み草庵茶室の一典型として知られる。名は、「不審花開今日春」という古渓和尚の一句から取った。現在のものは大正二年(一九一三)の建築。また、表千家の別称としても用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不審庵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不審庵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.