Rakuten infoseek

辞書

不完全変態【ふかんぜんへんたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

不完全変態
ふかんぜんへんたい
incomplete metamorphosis; hemimetaboly
昆虫の変態の一形式。完全変態,不変態 (無変態) に対する。幼虫期にすでに外部生殖器の原基が成虫に近い形で存在し,脱皮ごとに次第に発達する。完全変態でみられる明確なの時期が存在しない。原始的な昆虫,すなわち,カゲロウ目,トンボ目,カワゲラ目,直翅目 (バッタ類) ,ゴキブリ目,ハサミムシ目,半翅目 (セミカメムシ類) などの諸目の昆虫にみられ,これらを総称して不完全変態類,または外翅類という。概して古い形質を保った昆虫である。これらの幼生は若虫 (ニンフ) と呼ばれ,普通の幼虫と区別されている。後期発生の形式から前変態 (カゲロウ目) ,半変態 (その他の目。これをさらに漸変態,新変態などに細分する考えもある) に区別される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふかんぜん‐へんたい〔フクワンゼン‐〕【不完全変態】
昆虫の変態の一型。さなぎの時代を経ず、幼虫から直接成虫になるもの。トンボバッタゴキブリなどにみられる。→完全変態

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふかんぜいへんたい【不完全変態】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふかんぜんへんたい【不完全変態】
昆虫類の変態の一型。はねや外部生殖器の原基がすでに幼虫期から外部に現れ、蛹さなぎの時期がなく脱皮のたびに成虫の形に近づくもの。原始的昆虫類(カゲロウ・トンボ・ゴキブリなど)に見られる。半変態。 → 完全変態

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

不完全変態
ふかんぜんへんたい
昆虫の変態の一形式で、半変態ともいう。完全変態をする昆虫とは違い、幼虫(若虫)期に、はね、肢(あし)、外部生殖器の成虫原基が表面に現れており、蛹(さなぎ)期を経ず成虫への脱皮をするため、それまで認められなかった外部形態が突然生じるということはない。はねの原基が外部に現れていることから、不完全変態をする昆虫を外翅(がいし)類とよぶ。カゲロウ、カワゲラ、トンボ、バッタ、ゴキブリなどの属する原始的な類の昆虫がこれに含まれる。[竹内重夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふかんぜん‐へんたい フクヮンゼン‥【不完全変態】
〘名〙 昆虫の変態形式の一つ。幼時からはねや外部生殖器などの原基が備わり、脱皮ごとに成長してそのまま蛹期を経ないで成虫になる変態形。原始的な昆虫と考えられるカゲロウ目・カワゲラ目・トンボ目・シロアリモドキ(紡脚)目・バッタ(直翅)目・ハサミムシ(革翅)目・ゴキブリ目・シロアリ(等翅)目・ジュズヒゲムシ(絶翅)目・チャタテムシ(噛虫)目・シラミ目・ハジラミ(食毛)目・アザミウマ(総翅)目・カメムシ(半翅)目などの昆虫に見られる。不完変態。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不完全変態」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不完全変態の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.