Rakuten infoseek

辞書

不妊手術【ふにんしゅじゅつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

不妊手術
ふにんしゅじゅつ
sterilization
妊娠を防ぐ目的で行う手術。受胎調節と異なり,避妊効果は確実であるが,再びもとに戻して妊娠することは,ほとんど不可能である。女性では卵管を結紮切断したり,ゴム輪や金属のクリップではさむ方法もある。手術法としては,腹式または腟式に切開するもののほか,最近では腹腔鏡による方法も用いられる。男性では精管結紮術を行う。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ふにん‐しゅじゅつ【不妊手術】
生殖腺を除去することなしに、生殖を不能にする手術。精管卵管の結紮(けっさつ)もしくは切断などの方法を用いる。日本では母体保護法に基づき、一定の条件のもとに認められている。→パイプカット

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふにんしゅじゅつ【不妊手術 contraceptive operation】
人工的に不妊の状態にする手術のことで,女性に対するものと男性に対するものとがある。
[女性の不妊手術]
 一般的には卵管不妊手術が行われる。開腹による腹式と腟から切開を行う腟式卵管不妊手術があるが,手術による影響が少ない腟式で行われることが多い。術式には次のものがある。(1)マドレーネル法 卵管峡部を圧迫し,結紮(けつさつ)する方法。(2)卵管の一部切除法 卵管蹄係をつくり,それを結紮し,蹄係の先端部で卵管を切除するものをポメロイ法という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふにんしゅじゅつ【不妊手術】
人工的に不妊の状態にする手術。男性では精管切除(パイプ-カット)、女性では卵管結紮けつさつ・卵管切除などの方法がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

不妊手術」の用語解説はコトバンクが提供しています。

不妊手術の関連情報

他サービスで検索

「不妊手術」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.