Rakuten infoseek

辞書

下馬先【ゲバサキ】

デジタル大辞泉

げば‐さき【下馬先】
社寺・城門などの前で、下馬札が立ててある場所。下馬
槍持ちの供が1で主人に対して行う作法。頭を少しかがめ、手を上げて手を振り、腰をひねり、足どりをそろえて歩くもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

げばさき【下馬先】
社寺・城などの門前の下馬札を立ててある所。下馬。
で槍持ちなどの供奴が主人に対してとる作法。頭を少しかがめ、手先をあげて手を振り、腰をひねりながら足取りをそろえて歩く。 「御前が近いせり合はず-をして振りませい/浄瑠璃・薩摩歌」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げば‐さき【下馬先】
〘名〙
社寺の門前、城門などの前で、下馬すべき場所。下馬札が立てられている場所。げば。
※俳諧・談林十百韻(1675)上「弓手に高札め手に落書〈卜尺〉 下馬先に御かご童僕みちみちたり〈志計〉」
② 槍持などの供奴(ともやっこ)が、①で主人に対して行なう作法の一つ。頭を少しかがめて手先をあげ手をふり、腰をひねって、足どりそろえて歩くもの。
浄瑠璃・薩摩歌(1711頃)上「それそれあれが林殿みすの内はあね姫さま、御前がちかい、せり合ず下馬前(げばサキ)をしてふりませい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下馬先」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下馬先の関連情報

他サービスで検索

「下馬先」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.