Rakuten infoseek

辞書

下足【ゲソク】

デジタル大辞泉

げ‐そく【下足】
脱いだ履物。
下足番」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げそく【下足】
客などが座敷へあがるためにぬいだ履物を下という。江戸時代から芝居小屋,料亭,寄席,遊郭,集会所,催物場などが,下足番を置いて客の履物をあずかって下足札をわたした。旅館も客の履物をあずかるが,昔の旅客はわらじ履きだったので下足札はわたさなかった。それゆえ旅館では下足とはいわない。明治末からは東京にデパートが開店したが,初期には店内に緋もうせんやじゅうたんなどを敷きつめて,客の履物をあずかってスリッパあるいは上草履に履き替えさせて下足札をわたしたこともある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げそく【下足】
劇場・寄席・飲食店などで、客の脱いだはきもの。げそ。
「下足番」の略。
足を下におろすこと。 「挙足-の舞の手を尽し/謡曲・巻絹」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げ‐そく【下足】
〘名〙
① 足をさげること。足を、下におろすこと。
※法華義疏(7C前)一「夫聖人所為、非因縁、必因遣可利故然也。即所謂下足挙足、皆従道場来也」
② ぬいだ、はきもの
※俳諧師(1908)〈高浜虚子〉五八「下足(ゲソク)を受取り乍らも恍惚として心は小光の辺に飛ぶといったやうな心持で」
※読売新聞‐明治二六年(1893)四月二三日「いづれも土地の旧習として茶汲及び下足等の雇人は無料なる村内の者を用ゐ」
滑稽本・七偏人(1857‐63)四「かちかち山の土船で見物して居て、下足を八文とられたとよ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さげ‐あし【下足】
〘名〙 取引関係で、売買、取引する物件の値が下落の状勢にあること。さげ。〔現代大辞典(1922)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下足」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下足の関連情報

他サービスで検索

「下足」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.