Rakuten infoseek

辞書

下等【カトウ】

デジタル大辞泉

か‐とう【下等】
[名・形動]
物の品質・程度や、品性が劣っていること。また、そのさま。低級。「下等な品」⇔上等
同種のものの中で下位の段階にあること。また、そのさま。「下等な動物」⇔高等
[派生]かとうさ[名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かとう【下等】
名 ・形動 [文] ナリ 
品質や品性が劣っている・こと(さま)。低級。 ⇔ 上等 -な品 -な人間 -な趣味
構造が簡単で、進化の度合が低い・こと(さま)。 ⇔ 高等 -な動物
[派生] -さ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げら【下等】
一人称。自分を卑下していう語。わたし。おれ。 其名をあん太郎と申、則-が事なり/狂言・吃

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐とう【下等】
〘名〙
① 下の等級。下位。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉二「行厨の値約ね三等有り〈略〉下等の如きは則ち役夫、或は貧生の喰ふ所」 〔周礼‐秋官〕
② 料金の最も安い船室、車両。下等室。下等列車。明治時代に用いた。
※西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛〉一四「この処より乗り合ひの賃銭は上等中等を別にして下等の振り合ひ一人前途中の下り所によりて〈略〉差別あり」
③ (形動) 物などの状態、性質、品質が劣っていること。また、生物で進化の程度の低いこと。
※植物小学(1881)〈松村任三訳〉九「植物界分れて二段となる。〈略〉下等なるものは無花植物とす」
※武蔵野(1887)〈山田美妙〉中「燈火は下等の蜜蝋で作られた一里一寸の松明の小さいのだから」
④ (形動) 教養がなく品性の劣っているさま。
※随筆・文会雑記(1782)三「六十になりて、あのをかしき咄を、よきとせしこと下等のことなり」
⑤ 京都八瀬、大原で、男をいった語。
※随筆・見た京物語(1781)「八瀬大原は総じて男を下等といふ。みな総髪なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下等」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下等の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.