Rakuten infoseek

辞書

下端【カタン】

デジタル大辞泉

か‐たん【下端】
物の下の方の端。⇔上端
下限(かげん)2

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

した‐ば【下端】
物の下面、または下部の端。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かたん【下端】
物の下の方のはし。 ⇔ 上端
〘数〙 「下限」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

したば【下端】
物の下面。下の部分。 「台鉋がんなの-」
[句項目] 下端に付く

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐たん【下端】
〘名〙
① 下のほうの端。⇔上端。〔五国対照兵語字書(1881)〕
※永日小品(1909)〈夏目漱石〉クレイグ先生「此の敲子(ノッカー)の下端(カタン)をこつこつと戸板へぶつけると」
定積分で、積分の範囲の下の限界。下限
実数集合のどの数よりも大きくない数のうちの最大のものの、もとの集合に対する称。下限。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さがり‐ば【下端】
〘名〙 平安時代、貴族の女性の肩の辺で切りそろえた額髪のたれ下がった様子。または、その髪の端。一説に、髪のたれさがった様子。
※宇津保(970‐999頃)楼上上「御ぐしはよおろすぎ給へり。さがりばはいときよらなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

したっ‐ぱ【下端】
〘名〙 身分や地位の低いこと。また、そのような者。
※晩秋(1926)〈志賀直哉〉二「或日郁子宛に或劇団の下端(シタッパ)の女優である千代子から手紙が来た」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

した‐ば【下端】
〘名〙 物の下の部分。下部。下面。
※作庭記(1040頃か)「池尻の水おちの横石は、つり殿の下げたのしたばより、水のおもにいたるまで、四寸五寸をつねにあらしめて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下端」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下端の関連情報

他サービスで検索

「下端」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.