Rakuten infoseek

辞書

下湯【シモユ】

デジタル大辞泉

しも‐ゆ【下湯】
腰湯。また、下半身を洗うこと。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おり‐ゆ【下湯】
〘名〙 湯に入ること。入浴
※保元(1220頃か)下「ふるき湯屋を借りて、常におりゆをぞしける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しも‐ゆ【下湯】
〘名〙
腰湯をつかうこと。また、下半身を洗うこと。
※洒落本・やまあらし(1808)三「湯へいくとしも湯(ユ)をもてへねへにつかふうちは大笑ひだね」
② 「しもゆば(下湯場)」の略。遊郭で、娼婦が客と寝たあと身体を洗滌する場所。
雑俳・柳多留‐一五九(1838‐40)「裏階子下も湯へ通ふ女坂」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下湯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下湯の関連情報

他サービスで検索

「下湯」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.