Rakuten infoseek

辞書

下流【カリュウ】

デジタル大辞泉

か‐りゅう〔‐リウ〕【下流】
川の流れていく方。かわしも。また、川の河口に近い部分。⇔上流
社会で、下積みの貧しい階級。下層。⇔上流

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しも‐りゅう〔‐リウ〕【下流】
茶道で、藪内(やぶのうち)流のこと。上京(かみぎょう)千家上流(かみりゅう)と呼んだことに対する名。藪内家が下京六条にあったところからいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しもりゅう【下流】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かりゅう【下流】
川の流れの、河口に近い部分。
その地点から見て水の流れて行く方。川下。 「ダムの-に村がある」
社会的に低い階層。下層。 「近来の小説家の著述にも、-の様を写せしもの頗る多かり/当世書生気質 逍遥

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しもりゅう【下流】
茶道で、藪内やぶのうち家のこと。三千家が上京に住んだのに対し、下京に住んだのでいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐りゅう ‥リウ【下流】
〘名〙
① 川の流れの下(しも)の方。河口に近い方の流れ。川下(かわしも)。⇔上流
※和漢朗詠(1018頃)上「谷水花を洗ふ 下流を汲んで上寿を得る者は三十余家〈紀長谷雄〉」
※郊外(1900)〈国木田独歩〉「橋から少し下流(カリウ)に井堰が有る」
② 下等の地位。低い位置・立場。また、社会的地位や経済力などの劣った階級。下層階級。⇔上流
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一〇「近来の小説家の著述にも、下流(カリウ)の様を写せしもの頗る多かり」 〔論語‐陽貨〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

した‐ながし【下流】
〘名〙
① 地上に直接に設けた炊事用の流し台。
※洒落本・やまあらし(1808)二「今の客のちそうになりしとみへ楊枝をかんでしたなかしへはうり出し」
② 料亭などの下ばたらき。
※平民新聞‐明治三七年(1904)一月一〇日「立ん坊、下駄の歯入、雪駄直し、見世物師、料理屋の下流しなど何れも其日稼ぎの貧民ならぬはなし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しも‐りゅう ‥リウ【下流】
〘名〙 茶道の一流、藪内(やぶのうち)流の別称。千家が上京に住んで上流(かみりゅう)と呼ばれるのに対し、藪内流の祖紹智(しょうち)は、下京六条に住んだところからいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

下流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

下流の関連情報

他サービスで検索

「下流」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.